この星には歌がある

2007年6月 3日

ここ一週間ほど坂井泉水さんを偲んでZARDの歌を繰り返し聴きながら考えたことをつらつらと述べてみたい。


ゆうべは『CDTV』でZARDの特集をするというので見ていたが、主要なシングルのさわりの部分を少しずつ聴かせるだけの短いもので欲求不満になった。金曜日の『ミュージックステーション』もそうだったが、ZARDは本田美奈子さんとは違って幅広い人気を誇ったアーティストなのでもっと追悼ムードが盛り上がるものと思っていたが、そううまくいくものでもないらしい。もちろん、各局とも映像をほとんど持っていないので実際難しい面もあるのだろう。しかしPVを漫然と流すだけのシンプルな構成で構わないからZARDの歌をじっくりと聴かせて欲しい。

それにしてもZARDの歌にたどり着くまでに随分最近のヒットチャートの曲が紹介されたのだが、その大半は私には聴くに耐えないものだった。音楽を聴くためにTVをつけたはずなのに音を消して見ようかと思ったくらいだ。もちろんどんな音楽を好むかは個人の嗜好の問題なので何を聴こうとその人の勝手なのだが、今の日本人の大半はあんな音楽を聴いているのかと思うとげんなりしてしまう。合間に時おり演歌が流れてくると心底ほっとする。そして思わず缶コーヒーが飲みたくなってしまう。


ZARDの歌をあらためて聴いてみて痛感したのは坂井さんがとても詞を大切にしていたということだった。連日ZARDばかり聴いていたので今日は気分を変えてみようと思い本田美奈子さんの「ANGEL VOICE」のDISC2を少し聴いてみたのだけど、あまりの質の違いに愕然としてしまった。おそらくそれなりの数の美奈子ファンの方が見て下さっているはずのこのサイトでこんなことを言っていいものかよくわからないけど、この幻のアルバムは美奈子さんの歌唱はともかくとして歌詞のクォリティーがひど過ぎる(ご不興の向きは平にご容赦を)。ZARDを聴き込んだ後では思わず耳をふさぎたくなるほどだ。専業の作詞家がこのようなほとんどやっつけ仕事としかいいようのない代物を作っていたことを思うと、いかに坂井さんが優れた感性で詞を綴っていたかがよくわかる。

ZARDがデビューした90年代前半は言葉を伝えようという意図のほとんど感じられない歌が世の中を席捲した時代だった。一応歌詞はついているものの事実上スキャットと変わりのないような歌で溢れかえっていた。あの頃は歌の世界から言葉というものが消え去ってしまうのではないかと本気で危惧したものだった。阿久悠氏はこの時代の風潮を「本当は歌詞なんていらないのだけどラララじゃ舌をかみそうだから適当に言葉をつけておくのよ」といったように表現していた。松本隆氏も同様の述懐をしていたのを聞いたことがある。

しかしこのZARDの歌は言葉のすみずみにまで細やかな神経が行き届いているのがよくわかる。意味のない横文字言葉をバンド名に冠していたというせいもありあまりそういう印象は強くなかったが、あらためて聴いてZARDの音楽にとって歌詞は命だったのだと気づかされる。決して難しい言葉も凝った言い回しも用いてはいないが、聴く人の心にやさしく語りかけてくる。今にして思えば、坂井さんはこの時代の最高の作詞家だったのだ。


私は熱心なファンというわけではなかったけど、やはりこんなにも可憐な人を喪うというのはとても悲しいことだ。本田美奈子さんとは同い年(学年でいうと坂井さんの方が一つ上)で活躍した時代が重なることもあり、美奈子ファンの多くもこの訃報を沈痛な思いで受け止めていた。ただこの二人の音楽の世界は実に対照的でもあった。時代の空気にとけこんで誰の耳にも心地よく響いたZARDと、BGM的に聴き流すことを許容せず、聴き手に正面から対峙することを要求した本田美奈子さん。単純に歌手としての技量の点からいえば坂井さんは美奈子さんに遠く及ばなかった。しかしこれほど多くの人に愛されたのは、やはり歌にそれだけの力があったからなのだ。

坂井さんの急逝はつらいことではあったけど、あらためて歌の素晴らしさに気づかされる出来事でもあった。この天性の詩人が丁寧に言葉を紡いだ珠玉のような歌の数々を聴いていると、ささやかな誇りを胸に「この星には歌というものがあるのだよ」と宇宙人ジョーンズ君に語りかけてみたくなる。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/244

コメント

私も、最近の音楽シーンには疑問を持っています・・。
TV,ラジオ通して流れてくる曲があまりにも「騒音」としか聴けなく、思わず消してしまう事が多々あります。BGMとしても聴けない無機質で主張ばかりする詩の連続、それを「音楽」として大量に「生産」する今の風潮・・・。
単に流行にそった音楽を出す事は容易です・・。でも、心に想いを込め、聴く人の心に響く歌を歌うのは容易ではないと思います・・。
今、メディア上で「アーティスト」と呼ばれている方達の内、はたして何割がこれに当てはまるのか・・。
そして、今の音楽の何割が将来、人々の記憶に残っているか・・。
たぶん殆どの音楽が「この曲・・懐かしいね」と言われるのではなく「ああ、こんな曲もあったっけ・・」程度の事でしょう・・。

音楽は「作られる」ものではなく、「創る」ものであると、はやく気付いてもらいたいですね・・。
それが、商業主義の中の音楽産業の宿命であるなら、悲しい事です・・。

sergeiさんの意見に同感です。
番組の構成上あのような構成になったと思います。
もう少し故人に哀悼を込めて番組制作をして頂きたいと感じました。
坂井さんの数々の作品を聴いて改めて感じるのは既成の作詞家とは違い美辞麗句を並べているのではなくリスナーに共感できる言葉を大切にしている所ではないでしょうか。

popsは生活の対象歌ですので、例えばZARDの代表作でもある負けないでを聴いて見ると、ヒットしていたあの時代の事を思い出すことができます。

私もこの数日ZARDの楽曲を繰り返し聴いています。
改めて聴いて見ると良質の音楽を実感しています。
沢山の楽曲を聴いて魅力はなんといっても坂井さんの歌声ではないでしょうか。

私もさほど熱心なリスナーではありませんでしたが、とても残念です。

-> ヒロさん

共感していただいてありがとうございます。人に何かを伝えようという意志が感じられれば少々うるさくても下手くそでも耳を傾けてみようかという気になるのですが、先日は賑やかなだけで中身のない空疎な音楽ばかりが並んでいるように感じられてしまいました。まあ、単に自分の嗜好が偏狭に過ぎるだけなのかも知れないのですけどね。

"アーティスト"とか"歌姫"とか"ディーヴァ"といった言葉が少々安易に使われてしまっているのも気になるところですね。美奈子さんは「アイドルのくせに」などと嘲られ血みどろに傷つきながら自分の力でそれらの称号を手にしたのでした。本来はそういう人に冠せられるべき言葉のはずなのですが。

ZARDの音楽が今これだけ懐かしく感じられるのはそれだけのクォリティーがあったからなのでしょう。そうやって時の試練に耐えて残っていくものだけが"本物"ということになるのでしょうね。


-> moonさん

本田美奈子さんのことは全く知らなかった方も多いはずなのですが、亡くなった時はたくさんの方が哀悼の意を示してくれました。しかしZARDは知らない人がいないほどの人気アーティストなのに、今は周辺情報を面白おかしく伝えるような報道ばかり目立つような気がするのはとても残念です。多くの人がZARDの歌から勇気やときめきや安らぎを受け取っていたのは間違いないのですから、もっと真摯な追悼がなされることを望みたいですね。

既成の作詞家とは違い美辞麗句を並べているのではなくリスナーに共感できる言葉を大切にしている所

まさにそうなんですよね。専業の作詞家ならもっと言葉を飾り立てるところを、坂井さんは実に平易な言葉を使っていて、それでいてフレーズがきらきらと輝いているのが非凡なところだと思います。

人気が絶頂の頃にはあまりにもポップスとしての王道を歩んでいることでやや"お子様向けの音楽"といったような見方をされていたところもあったと思います(正直私自身そうでした)。でも今あらためて聴き直してみると、実に上質な音楽だったのだな、と感じられますね。

ご存知かもしれませんが、来週の18日の月曜の夜19時半より30分弱ですが、NHKで泉水さんの追悼番組と言うか、彼女の歌について取り上げる番組があるようです。特別番組ではなく、週末以外は毎日やってるドキュメントのような番組です。なので、その番組枠で泉水さんのことを取り扱うのは少し意外な気がしましたが、おそらく、歌詞についてや彼女のどういった所が支持されたのかなどを検証している内容ではないかと思います。

-> モモさん

お知らせありがとうございます。『クローズアップ現代』ですね。NHKで、しかもこの番組でというのは意外でしたね。歌そのものというよりは関係者インタビューやファンの声などを通じてZARDが社会にどう受け入れられていったのかに焦点を当てた内容になるのかな、と予想しています。社会的な影響力の大きかったZARDだからこそこの時間帯での扱いになったのかも知れませんね。いずれにしても楽しみです。

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。