「impressions」再び

2007年7月 6日

作曲: 山梨鐐平/編曲:田代修二
シングル「Shining eyes」(1996.07.21)所収。現行のCDでは「I LOVE YOU」MJCD-20054(2006.03.29)に収録されている。

この曲についてはすでに一度書いているが、牧田和男さんから寄せていただいた情報を元にもう一度論じておきたい。


本田美奈子さんは東芝EMIからデビューした後マーキュリー、バンダイ、マーベラスとレコード会社を移っている。「impressions」はシングル「shining eyes」のカップリング曲としてバンダイ・ミュージックエンタテインメントからリリースされた。したがって当然マーキュリーから移籍した後に制作されたものと思っていた。しかし実際はマーキュリー在籍時に牧田和男さんのプロデュースにより制作されたものであることを牧田さんご本人からご教示いただいた。作曲の山梨鐐平さん、編曲の田代修二さんもともにマーキュリー時代に制作された「June」と同じ顔ぶれなのでどういうことなのかと訝しく思っていたが、これですっきりと疑念が解消した。

この曲はバンダイとマーベラス在籍時にリリースされた音源を集めたアルバム「I LOVE YOU」の収録曲の中で一際異彩を放っている。それは単にスキャットだけで歌われているというのみならず、曲を制作する姿勢そのものがはっきりとほかの曲と違っているように見えるのだ。だからこれが牧田さんによるプロデュースだと知った時は実に腑に落ちる思いがした。マーキュリー時代のアルバム「晴れ ときどき くもり」は丁寧に時間をかけて作られたものだった。ほとんどの曲で作詞家と美奈子さんが顔を合わせて話し合い、収録の際は一切つぎはぎを行わなかったという。そうした手作りのような味わいはこの「impressions」にも聴き取ることができる。


「晴れ ときどき くもり」の制作の状況からは、美奈子さんが歌手として喜びを感じながら取り組んでいる様子が伝わってくる。牧田さんをはじめとするミュージシャンたちとのコラボレートは、美奈子さんにとってかけがえのない幸せな時間だったのだとあらためて思わせられる。それが長く続かなかったことは残念でならない。移籍に至った経緯は明らかでなく、何か“大人の事情”のようなものがあったのだろうと推測するほかはないが、かえすがえすも悔やまれることである。

この「impressions」はマーキュリーではリリースの機会を得なかったために、移籍によってそのままお蔵入りになったとしてもおかしくなかった。それを他社音源の移譲という障壁を乗り越えてまでリリースにこぎ着けたというのは美奈子さん自身の強い意志がはたらいたものと思われる。美奈子さんを衝き動かしたのは牧田さんと過ごした日々への追憶であっただろう。

これと並行して録音されていたのが自ら作詞作曲した「満月の夜に迎えに来て」だった。逝去後にリリースされた未発表音源を集めたアルバム「優しい世界」の収録曲の中で、この曲だけはすでに生前から特殊な形でリリースされていた。その理由を私はそれが自作であるがゆえと思っていた。しかしこの曲がマーキュリー時代の作品であることがはっきりとするに及んで、美奈子さんは自作曲であるということよりもむしろ、牧田さんとの思い出の曲であるということにこだわっていたのではないかという思いを強くした。


全編スキャットでというアイディアは美奈子さん自身による発案だった。元々の山梨さんによるデモはほんのスケッチ程度のものだったそうだが、美奈子さん自身の歌唱による対位旋律と重ね合わせる凝った編曲と相俟って魅力的な楽曲に仕上った。後年のクラシックでの活躍の萌芽をここに見出すこともできる。今回あらためて聴き直してサビの部分での対位旋律に「June」に聴かれるのと同じ音型が現れるのを発見し、「June」と関わりの深い楽曲であることを再確認した。

収録の際は室内の照明を落として外の景色が見える向きに立って歌ったという。その時美奈子さんの胸のうちにあったのがどんな思いだったのかは、歌詞がないゆえに聴き手の想像に委ねられている。きっとこれからも聴く度にその時の心情に応じて様々な感慨に浸らせてくれることになるのだろう。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/261

コメント

 はじめまして。クラシック音楽系のブログを探索している者です。というか、最近私もブログを立ち上げてみました。^^
 本田美奈子さんの逝去はほんとにショックでしたね。私がいつもお世話になってるHMVのクラシックサイトにも大々的に特集がくまれたのが今でも記憶に残ってます。
 年齢的に私とあまり離れてないので、余計に自分の人生をいろいろと考えさせられます。
 ↑のアルバムはまだ未聴ですが、この記事を拝見してぜひとも聞いてみたくなりました。
 あ、あと、フィギアスケートがお好きなんですね!私は以前までは冬のスポーツというとせいぜいアルペンスキーか、あとスピードスケートくらいしか興味なかったのですが、一昨年くらいからのフィギアブームにのって、すっかりハマってしまいました。^^個人的にはミキティこと安藤選手を応援してますが、真央選手もすごい気に入ってます。彼女はむしろ今年からが本格的な成長期ではないでしょうか。
 ではまたおじゃまさせていただきたいと思います。

-> ドドンパさん

はじめまして。コメントありがとうございます♪

私は美奈子さんより少し年下なのですが、ずっとあこがれの女性だったので本当にショックでした。今でも美奈子さんを思う度にいろいろと考えさせられています。

上記の「晴れ ときどき くもり」は現在廃盤中で、「I LOVE YOU」はアニメやゲームで使用された楽曲を中心に収録されたアルバムなのであまり入門者向けとはいえないかも知れません。これから美奈子さんの音楽について知りたいという方のために入門者向けのアルバムを紹介したエントリーを立ててあるのでよかったらそちらも参考にして下さい。


フィギュアスケートは昔から好きだったのですが、荒川さんが急成長してきた頃からすっかりはまってしまっています。^ ^ 安藤さんも世界チャンピオンになって貫禄がついてきましたが、真央ちゃんもますます成長著しいですね。ほかにも魅力的な選手はたくさんいますので、ぜひ応援して上げて下さいね。


クラシック音楽系のブログの探索でよくここにたどり着いて下さいました。ブログランキングのサイトにはクラシックのジャンルで登録しているくせにクラシックの話題は滅多に書かなかったりしますが、よろしければ今後もお付き合い下さいませ。

本アルバムI LOVE YOUは全編スキャットで歌われているのですね。
是非一度聴いてみたいアルバムです。
いつになるか分かりませんが、その時まで楽しみにしています。

-> moonさん

すみません、書き方が悪かったですかね。アルバム「I LOVE YOU」中スキャットだけで歌っているのはこの「impressions」一曲のみです。ほかの収録曲はアニメやゲームで使用された曲が中心になります。

誤解を与えてしまったようで申し訳ありませんでした。

sergeiさん
ご丁寧にありがとうございます。

アニメやゲームに使用されている楽曲があるのですね。
私も最近ZARDの楽曲にアニメやゲームに使用されている楽曲が複数あることを知りました。
意外な共通点がありますね。

-> moonさん

私もZARDがアニメやゲームの曲を手がけていたとは知りませんでした。意外なものですね。

セルゲイさん
 遅くなりまして。サイト開設2年目ですね。
 また10万アクセスも達成されたそうですね。
 こちらもあわせて、おめでとうございます。
 私も最近忙しく、なかなかカキコできないのですが
 時々、このサイト訪問して、拝見しています。
 今後のご発展をお祈りいたします。
 今、美奈子さんのCD聴いています。
 アルバム「I LOVE YOU」です。
 今流れている曲は「impressions」

-> フラワーさん

お久しぶりです。お忙しいところわざわざのコメントありがとうございます。自分なりに努力して更新して参りますので今後ともどうぞよろしくお願いします。


「impressions」いいですよね。^ ^

Amazonを見ていたら・・・
本田美奈子さんが尾崎豊さんの「I LOVE YOU」をカバーしているのですね。

本田さんが尾崎さん作品を取り上げているのですね。
少し意外な感じがしましたけど、良い楽曲ですからね。

一度聴いてみたくなりました。

-> moonさん

「I LOVE YOU」はアルバム「I LOVE YOU」のタイトルトラックです。ここでは美奈子さんはボサノヴァ風のアレンジで軽やかに歌っています。オリジナルとはかなり違った雰囲気になっています。

美奈子さんは尾崎豊と同じ朝霞出身です。そういう縁もあってのカヴァーだったのかも知れません。コンサートでも時折歌っていたそうですよ。

本田さんと尾崎さんが同じ出身地なのですね。
そんなご縁があったのですね。
お二人とも亡くなってしまったことは本当に残念ですね。

-> moonさん

同じ朝霞から才能ある歌手が生まれたというのは奇遇ですね。二人とも早逝が惜しまれるアーティストでした。

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。