スケートアメリカ2007 女子シングル SP

2007年10月29日

浅田舞さん

ルッツからのコンビネーションは二つとも回転不足気味ながらまずまずいい演技だったのではないか。女子選手にしては大柄な舞さんだけにスケール感のあるプログラムになっていると思う。高橋大輔選手と曲がかぶってしまったが特に見劣りはしなかった。


エレーネ・ゲデヴァニシヴィリさん

久しぶりに見るエレーネさんの演技だがルッツ、フリップともにすっぽ抜けて本来の力は出せなかった。プログラム自体はなかなかかわいらしいものだったと思う。


キャロライン・ジャンちゃん

日米対抗の時よりもさらに充実した演技を見せてくれた。今シーズンの台風の目となりそうな予感。ルッツの踏み切りはやはりかなりあやしい感じ。


エミリー・ヒューズさん

オフの間よほど陸上での筋力トレーニングに励んだのかものすごい筋肉をしていた。フィギュアスケート選手としては少し大きくなり過ぎたのではないだろうか? お気に入りの曲とのことで演技はとてもいきいきとしていた。


キミー・マイスナーさん

スパイラルから始まるユニークな構成のプログラム。3回転–3回転のコンビネーションジャンプは解説の佐藤有香さんによると回転不足気味とのこと。それでもやはり元世界チャンピオンの実力を発揮してトップに立った。


安藤美姫さん:サムソンとデリラ

今できることを精一杯やったという感じの演技だった。コンビネーションジャンプはトリプルルッツ–ダブルループの構成。レイバックスピンはビールマンポジションはおろかキャッチフットもなかった。ストレートラインステップでもまさかの転倒。やはり右肩のトラブルは演技に影響が出ているようだ。

モロゾフコーチから恥ずかしがらずにやれと指示されている開始直後の腰の動きはやはりまだ少し羞じらいがあるだろうか。おそらくもう少し妖艶なデリラを演じることを意図しているのだと思うが、どこまで思い切って表現できるようになるか楽しみにしたい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/306

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。