スケートアメリカ2007 女子シングル フリー

2007年10月29日

エレーネ・ゲデヴァニシヴィリさん

SPはジャンプがうまくいかなかったので心配したが最初のルッツは見事に成功。その後フリップと二つ目のルッツは失敗したものの全体には高い能力を示す演技だったと思う。今後の完全復活に期待したい。


アレクサンドラ・イェヴレワさん

昨シーズンあたりから名前を聞くようになっていたけど演技を見るのは初めて。ジャンプの構成はトップ選手にくらべるとかなり物足りない感じ。スピンなどでは多彩な技も見せていた。スパイラルシークェンスでのバックアウトからインへのチェンジエッジはかなり難しそうなポジションで実施していた。


ミラ・リョンさん:ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番〜第3番

この曲が鳴り出すと音楽に聴き入ってしまい演技に集中できなくなる。第2番の第1楽章から第2楽章に移ったあと第3番の第3楽章が鳴り始めたので驚いた。

以前見た時は元気でかわいらしい感じの演技をする選手という印象だったが、かなりやわらかい動きも見せていた。おそらく相当に意識してイメージチェンジを計っているのだろう。欲を言えばステップなどでもう少しダイナミックな感じを出せればなおいいな、と思った。


浅田舞さん

舞さんらしくて優雅でとてもいいプログラムだと思った。二度目のルッツに加えてステップでも転んでしまったのはもったいないが、見終って満足感のある演技だった。フィニッシュの後の本人の笑顔も素晴らしかった。


エミリー・ヒューズさん

かた太りみたいな感じで体が大きくなってしまったので全体に演技が無骨な印象を受けた。ミスがあってもそれが後を引かない快活さは健在。キス&クライでの笑顔もとてもかわいかった。


キャロライン・ジャンちゃん

容貌や体型はまだ幼いけれど、お姉さん選手たちに引けをとらない優雅な表現のできる稀有な選手だと見る度に感嘆してしまう。このシューベルトの「アヴェ・マリア」もそんな彼女のよさを生かした素晴らしいプログラムだと思う。レイバックスピンはレベル4で全てのジャッジがGOEで+3をつけていた。演技が終わった後キス&クライへの段差に腰かけてエッジにカバーをつけていたのがかわいかった。


安藤美姫さん:カルメン

冒頭のマイムの動きはモロゾフコーチならではの振り付けだと思う。全体にカルメンらしさはまずます出せていたのではないか。おそらく右肩の影響もあって得意のトリプル–トリプルのコンビネーションジャンプを入れられないのはキミーとの競り合いの中では苦しいところ。フリップはエッジの矯正によって不安定になっているようだ。ジャンプの切れを欠いているのは心配だが、PCSで比較的高い点数が安定して出ているのは世界女王の強みでもある。前向きに考えてグランプリシリーズを戦い抜いて欲しい。

先ほど『報道ステーション』でエキシビションを見た。女王の風格漂う見事な演技だったけど、私としては「ムゼッタのワルツ」が見たかった。あれはもうやってくれないのかな?


キミー・マイスナーさん:トゥーランドット

トリノオリンピックでの荒川静香さんの演技が記憶に新しい「トゥーランドット」を敢えて選んだのは勇気ある挑戦と言えるだろう。彼女にもミスがあったがそれでも安藤さんに競り勝ったのはやはり力のある選手だということ。日本勢にとって侮れないライバルだということをあらためて印象づける優勝だった。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/307

コメント

安藤選手の「カルメン」ハバネラなしのカルメンでしたね。
荒川さんが「今の彼女ならカルメンができる。」とテレビで太鼓判を押していましたが、
荒川さんもやりたかった「カルメン」を後輩で妹の存在のような美姫ちゃんがやるとあって、
心の中では、「カルメン」を大成させて欲しいと願っているでしょうね。
一方で、「トゥーランドット」をマイスナー選手が!

スケートアメリカは、去年は安藤選手
今年はマイスナー選手
二人は文字通りライバルといった感じです。
Gファイナルのトリノではどうなっているか楽しみです。

-> tattiさん

安藤さん、カルメンがとっても似合っていますよね。モロゾフコーチも彼女ならできると自信を持って選曲したのではないでしょうか。もっとジャンプの調子が上がってきてミスなくこなせるようになったら、きっと素晴らしい演技になると思います。

“ハバネラ”は真央ちゃんのエキシビションを何度も見たのでない方が新鮮な感じがするかも知れませんね。^ ^


キミーは勇気ある選曲をしたと思います。荒川さんと比べられてしまうのも敢えて受けて立とうという強い意志の表れではないでしょうか。今回こそは安藤さんに負けたくないという気持ちが優勝をもたらしたのでしょうね。トリノでの再びの対決が(もし実現したら)楽しみになりますね。

安藤さんのカルメン似合っていますね。
モロゾフコーチが安藤さんの魅力を引き出してくれているように思います。

ケガしていなければと思いました。
密かにキミーさんを応援していました。

荒川さんと比較してしまいますけど、キミーさんの魅力あふれる演技でした。

キミーさんの安藤さんに対するライバル心の現れだと思いました。

やはりNHKで中継してほしいと願うばかりです。

-> moonさん

安藤さんとキミーはどちらもオペラの名作によるプログラムで、この対決は興味深いですね。安藤さんはどこまでコンディションを整えることができるか、キミーは荒川さんとは違ったキミー自身の魅力をどれだけアピールできるかがポイントになると思います。


テレビ朝日の地上波中継は…、とくに日曜日などは最悪の部類でしたね(怒)。少しはファンの意見を聞き入れて落ち着いて見られる番組作りをして欲しいものです。

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。