全日本選手権2007 女子シングル SP

2007年12月28日

水津瑠美さん

ジュニアの日本チャンピオンとして乗り込んできた水津瑠美さん。トリプルトウループ–トリプルトウループのコンビネーションはセカンドジャンプの回転数がぎりぎりの感じだったけど成功、ステップからのトリプルジャンプではループを跳んでみせた。ダブルアクセルでステップアウトしてしまったけど全体にはとても生き生きとした演技で、好調を維持しているようだった。ジュニアの全日本を見た時にステップでの重心の動かし方が鈴木明子さんと似ているな、と思ったのだけど、今回この二人が続けて放送されたのを見て一層その思いを強くした。プログラムは曲がやや単調な感じなのがもったいない気がする。踊るのが得意な選手なのでもう少しメリハリの効いた構成の方が持ち味が出ると思う。


鈴木明子さん

今シーズンゴールデンスピンで優勝してその実力を証明してみせた鈴木明子さん。ルッツからのコンビネーションは成功したもののフリップはステップアウト、ダブルアクセルもやや危ない着氷だった。ジャンプの切れは好調時にくらべて今一つという感じがした。しかし全体にはさすがに実力者らしい風格のある滑りで大いに魅了してくれた。荒川静香さんに影響を受けてスケートへの情熱を取り戻したという鈴木さん。フリーではその荒川さんもかつて滑った「タイタニック」の音楽に乗せての演技になる。これまでエキシビションでも披露してくれているし、ゴールデンスピンの映像も見たけど、明日もきっと素晴らしい演技になるはずで、楽しみにしたい。


浅田舞さん:チャイコフスキー ロミオとジュリエット

急遽出場が決まったNHK杯で体調を崩して途中棄権し、調整具合が心配された浅田舞さん。悪い方に予感が当たってしまった感じで、コンビネーションジャンプは難度を落としてサルコウからにして成功させたけど単独のフリップは回転不足の両足着氷、得意のビールマンスピンでもバランスを崩していた。全体にやや元気がなく、曲に負けてしまっている感じがした。調子が今一つなのだろうけどフリーではもう少し舞さんらしい優雅な滑りを見せて欲しい。


安藤美姫さん:サン=サーンス サムソンとデリラ

NHK杯のフリーでルッツとフリップが大崩れしてまさかの4位に終わった安藤美姫さん。この二つのジャンプが調整できているかが注目されたがSPでは両方とも見事に成功させた。フリップもスロー再生で見てもエッジは大丈夫だったようだ。最後のコンビネーションスピンで大きくバランスを崩してしまったのがもったいなかったけど、初日としてはまずまずのできだったと思う。フリーでは安藤さんらしく魅力あるカルメンを演じて欲しい。


太田由希奈さん:プッチーニ 蝶々夫人

今シーズンまだトリプルジャンプがトウループしか跳べていない太田由希奈さん。今回のSPでもジャンプの構成を最も低いレベルに設定して臨んだがサルコウがシングルに。これではTESが伸びないのも仕方のないところ。むしろ由希奈さんだからこそここまで点数を伸ばせたというべきか。由希奈さんにしかできない繊細で優雅な滑りは健在。ジュニア選手とくらべても見劣りするようなジャンプ構成にも関わらずPCSで比較的高い点数をもらえているのはその賜だろう。好きなフィギュアスケーターはたくさんいるけど、やはり自分は由希奈さんの演技が一番好きだと見る度に確信する。フリーではSP以上にジャンプを数多く跳ばなければならないので今の彼女には厳しいだろうけど、練習をたくさん積んできたそうなので精一杯力を出し切って欲しい。


浅田真央ちゃん

今シーズン失敗が続くSPだが、縁起を担いだのか衣装を代えてきた。それが効を奏したのかわからないが、セカンドジャンプの着氷が両足だったものの今シーズン初めてトリプルフリップ–トリプルループのコンビネーションを成功させた。スパイラルはややスピードがなかったのが気にかかるが、今シーズン格段の進歩を遂げたストレートラインステップはこれまでにもまして素晴らしく、ちょっと神がかっているような気さえした。真央ちゃんが鳥に近づいたかのような瞬間だった。タチアナ・タラソワコーチに振り付けてもらったプログラムなのにこれまで完璧に演技することができなかったのを悔やんでいた真央ちゃんだが、これでひとまず満足できただろうか。SPへの苦手意識も払拭できるといいのだけど。


西野友毬さん

ジャンプの天才少女として将来を期待されている日本フィギュアスケート界の希望の星。トリプルルッツ–ダブルトウループのコンビネーションとトリプルループを見事に成功させたが、ダブルアクセルは跳んだ瞬間から軸が傾いてしまってあえなく転倒。本人のインタビューによるとこのところ調子が上がらなかったのにルッツとループが決まって自分でも驚いてしまい、その分ダブルアクセルで失敗してしまったとのこと。初めての全日本だけど物怖じせずに気持ちよさそうに滑っているのが心強い。フリーでも思い切って自分の実力を発揮して欲しい。


澤田亜紀さん

今シーズンは思いがけない不調でどうしてしまったのかと心配な澤田亜紀さん。見るからに体が大き過ぎて調整が十分でない様子が窺える。ジャンプの構成は難度を下げ、大きなミスなく乗り切ったが全体に動きの切れを欠いた演技だった。これまでいつも彼女に寄り添っていた濱田美栄コーチの姿を今シーズン見かけないのも気にかかる。何か彼女の周辺でトラブルでも発生しているのだろうか。また彼女らしい元気で溌剌とした姿を見せて欲しいものだけど。


武田奈也さん

NHK杯でまさかの表彰台に立ち、一躍その存在が注目され始めている武田奈也さん。しかしここへきてやや調子を落としているのか得意のループがダブルになる痛恨のミス。コンビネーションスピンでもバランスを乱していたようだった。ループは得意にしているだけに悔しそうでキス&クライで涙を見せていた。しかし決してそれほどひどい演技でもなかったのでフリーでは気持ちを切り換えて思い切って演技して欲しい。


村主章枝さん:Take Five

今シーズンはここまでなかなかジャンプが決まらずに苦しんでいた村主章枝さんだが、大舞台には強い彼女らしく、しっかりと自分の実力を発揮してみせた。ほぼノーミスの演技で、減点要因はルッツのエッジくらいしかなかったと思う。ジャンプにやや長めの助走を必要とする村主さんだけに、五拍子で細かくリズムを刻む「Take Five」の音楽との調和には少し問題を感じなくもないが、いつも新しいことに挑戦を続ける彼女の姿勢には感銘を受ける。衣装はやや変わった色合いだがなかなか似合っていてよかったと思う。


中野友加里さん:ショパン 幻想即興曲

2シーズンぶりにグランプリファイナルに進出し、すっかり世界のトップスケーターの座に定着してきた感のある中野友加里さん。しかしルッツがダブルになるミスを犯しSPでは村主さんの後塵を拝する形となった。しかし今シーズンはこれまでSPではミスがあってもフリーで挽回してトータルでは安定して力を発揮してきているし、全体にはいつもの中野さんらしい美しい滑りだったので大きな問題ではないと思う。むしろいい位置につけたと言ってもいいだろう。キス&クライで映像が映し出された時佐藤久美子コーチに足をつっつかれて慌てて膝を揃えていたのがおかしかった。


今回のSPを見ていて感じたのはジャンプの構成を自分の跳べるマックスよりも下げて臨んでいる選手が多かったこと。今シーズンから踏み切りのエッジの判定が厳しくなったことでリスクを冒して難しいジャンプに挑戦するメリットが減ったということもあるのだろうか。そしてスピンでバランスを崩すシーンが多く見られたのも気にかかる。ジャンプの難度を落とした分スピンで点を稼ごうとして難しい要素を取り入れている選手が多いのだろうか。

それにしても美しい舞姫たちの饗宴を堪能して何とも幸せな気分。フリーも大いに満喫したい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/344

≪全日本フィギュア≫女子SP・浅田真央が首位、安藤2位&男子・高橋大輔が3連覇(動画あり)

浅田真央が首位、安藤2位…全日本フィギュア女子SP http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071227-0000...

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。