遅かった廉価盤発売

2008年2月26日

先日の例のピアノ協奏曲第5番の序でに気がついたこと。ピアニストのハワード・シェリーさんが伴奏を務める全3枚のラフマニノフの歌曲全集が3枚組の廉価盤として発売になっていた。HMVのページを見ると発売になったのは去年の3月らしい。そのわずか数ヶ月前に一枚当りこれと同じくらいの値段で3枚バラで買い揃えた私としてはかなり複雑な気分…。もっともこれだけ安いとライナーノートは満足なものが付いていない可能性もある。少なくとも歌詞が記載されていないと私にとっては困るのでこれでよかったのかも知れない。

いずれにしてもラフマニノフの歌曲の全貌を容易に知ることができるようになったので、関心のある方はこの機会に入手を検討されてはいかがだろうか。「ヴォカリーズ」以外にも数多くの名曲があること、文化史の上で極めて注目すべき作品が含まれていることを多くの方に知っていただきたいと思う。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/366

コメント

廉価盤のCDはポピュラーだけかと思っていましたがクラッシックも廉価盤があるのですね。

意外な気もしますが、新たなファン層拡大になると思います。
廉価盤はライナーの体裁が安い分不十分なのは仕方がないですね。

-> moonさん

クラシック音楽のCDの世界では数年前からボックスセットの価格破壊という現象が起きていて、内容豊富なものが驚くほどの低価格で入手できてしまったりします。この3枚組セットもそうした例の一つと言えるでしょう。これを機会に多くの方にラフマニノフの歌曲に親しんでいただけたら、と思います。

クラッシックのboxセットは今まで買った事がなく、すべて単品でした。
良いboxセットがあれば購入してみたいと思います。

-> moonさん

今いろんなものがありますのでぜひお買い得で好みに合うものを見つけて下さい。

コメントを投稿

最新のコメント

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。