グランプリファイナル2008 女子シングル SP

2008年12月13日

安藤美姫さん

事前に状態があまりよくないと聞いていたので心配したが、やはり最初のルッツで転倒。それでも本人は自分の演技をそれなりに楽しめたようなのでよかった。フリーは曲を替えるそうで、急な変更にどれだけ対応できているのかが気にかかる。4回転の挑戦はインタビューでは可能性を否定していなかったけど、無理はして欲しくない。


中野友加里さん

NHK杯の時は怪我をしているという情報があって、ファイナル進出が決定したことがかえって悪影響を及ぼさなければいいが、と危惧されたが、事前のインタビューによるとまだ完治はしていないが大きな問題はないらしい。調子はそう悪くはなさそうでノーミスの演技だった。ルッツの回転がちょっと微妙な気がしたが、点数からみるとダウングレードはなかったのではないかと思う。フリーではもし調子がよければ今シーズン封印してきたトリプルアクセルに挑戦して欲しい。


カロリーナ・コストナーさん

最初のフリップで転倒。無事着氷したように見えたがエッジが流れてしまった感じ。今シーズンはジャンプが安定していないがそれがそのまま表れた結果になった。ジャンプ以外も全体に今ひとつかな、という気がした。


浅田真央ちゃん

見た目にはノーミスの演技だが真央ちゃんにしては点数がやや控えめかな、と思ったらやはりコンビネーション・ジャンプのループがダウングレードされたらしい。今シーズンはセカンドのループには厳しいということなのか。ヨナさんに僅差の2位という結果だが、解説の荒川静香さんはフリーの滑走順がヨナさんの後になったのはよかったと冷静に指摘されていたらしい。差はほとんどないのでフリーで力を出し切れば十分逆転できるだろう(と思いたい)。


ジョアニー・ロシェットさん

ルッツとフリップが両方抜けるという彼女らしくない演技。今シーズンはとても戦い方がうまいな、という印象があったのだが、今日はうまくいかなかった。


キム・ヨナさん

コンビネーション・ジャンプはトウループの着氷にやや流れがなかったかな、という感じ。その後のルッツはまさかのシングルに。この内容で1位という結果に世間は騒然となっているらしい。私もこの点数はちょっと高過ぎないかと思ったが、素人なので余計なことは言わないでおく。


男子シングル SP

小塚崇彦選手

ノーミスの会心の演技。これだけのメンバーが揃った中で1位というのは素晴らしい結果。特にトリプルアクセルがシャープで力強かったように感じた。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/471

コメント

こんにちわ。
真央ちゃん、キム選手共に大好きな選手ですので
キム選手の加点の是非については今まであまり気になりませんでしたが
昨夜の内容であの点数と言うのはさすがに驚きました。
採点法に詳しくないのであまり大きなことは言えませんが
誰が見ても納得のいく採点方法を作る事は
採点競技では至難の業ということなのでしょうか?
今夜のフリーでは会心の「仮面舞踏会」と「シェエラザード」で
このもやもやを吹き飛ばしてもらいたいです。

-> sashaさん

そうですね、私も真央ちゃんもヨナさんもとても好きなのですが、昨日の演技でヨナさんの点があれほど高いというのはなかなか素直に祝福できない気分でした。ただ二人のジャンプの得点はほとんど同じだったらしいので、そうだとするとあの結果はどんな競技にも必ず存在する“ホームタウンディシジョン”の範疇だったのかな、という気がします。

今夜は二人ともそれぞれに持ち味を発揮して、それで誰もが納得できる結果になるといいな、と思っています。せっかくこれまでいい関係を築いてきた二人なので、変なわだかまりを周囲が作り出してしまうようなことにだけはならないで欲しいですね。

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。