四大陸選手権2009 女子シングル SP

2009年2月 7日

地上波放送を見て女子についてのみ一言ずつ感想を。


キャロライン・ジャンちゃん

トリプル–トリプルのコンビネーションは二つ目がダウングレード。それでもグランプリシリーズの頃の覇気のなさからは脱却できていた気がする。昨シーズンまでの元気のよさを取り戻すにはもう一歩というところか。


シンシア・ファヌフさん

ジャンプの着氷の後に流れがあり大柄な体格が氷の上で映えていた。最初に結果だけ知った時は驚いたが実際に演技を見てみると確かにいい演技でこの順位も納得がいく。ただこれだけの実力者が揃っていながらステップからのトリプル・ジャンプでトウループを跳ぶ選手が3位に入るというのはやはり驚きである。


鈴木明子さん

フリップの着氷が乱れて点数が伸び切らず。今シーズンを通してSPでルッツとフリップが両方成功したことがないので、くどいようだけどどちらかはループにした方がいいと思う。PCSはもう少しもらえてもいいのではないか。やはり知名度でやや見劣りするのが響いたのかも知れない。


村主章枝さん

ルッツの踏み切りをロング・エッジと認定されたもののほぼノーミスの演技。さすがに大舞台には強いところを見せてくれた。


浅田真央ちゃん

トリプル・フリップからのトリプル・ループが回転不足でオーバーターン。単独のルッツは2回転。特にルッツは練習でも決まっていなかったそうで、やはりエッジの矯正は生半可なことではできないのだな、と痛感させられる。この大会から新調した衣装は原色的な青が今一つ私の好みに合わない。前のもう少し淡い色彩の衣装の方がよかったと思うのだが。


キム・ヨナさん

SPの歴代最高得点を更新と聞いていたのでよほど完璧な演技だったのだろうと思っていたが、フリップの踏み切りはアテンションと認定されていた。それでこの点数を叩き出してしまうのだから凄い。問題のフリップからのコンビネーションもわずかに一人のジャッジが減点しているだけで、ほかの要素では猛烈な加点をもらっている。この四大陸選手権という大会は点数がややインフレ気味になりがちな大会でもあるようだ。


ジョアニー・ロシェットさん

地元カナダの期待の星はほぼノーミスの演技。ジャンプの安定感とエッジの使い分けの正確さはやはり大きな武器であることを再認識させられる。ジャンプの組み合わせを変えてきた狙いはよくわからない。もしかするとジャッジから単独のルッツの前のステップが十分ではないというような指摘を受けたというようなことでもあるのだろうか。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/487

コメント

sergeiさん
 J・ロシェットさん凄いですね!完璧な演技でした。
 現時点で1位。・・・真央ちゃん抜かれましたw。

-> Kenおじさん

カナダ勢の好調さが目立った大会でしたね。やはり地元の観衆の声援は大きな力になるのでしょう。ロシェットさんはさすがに実力のある選手で、日本勢やヨナさんにとっても侮れない存在だな、とあらためて印象づけられました。

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。