「くちびるNetwork」

2010年4月 8日

作詞:Seiko 作曲:坂本龍一 編曲:かしぶち哲郎

このところ私の近辺で岡田有希子さんについて語った文章をよく見かけるのだが、今日は彼女の24回目の命日(佳桜忌というらしい)に当たる。80年代のアイドルはこのサイトの主要テーマの一つとなっていることでもあり、ここで彼女のことについて少しふれておくことにしたい。

岡田有希子さんは1984年にデビューしたアイドル歌手で、本田美奈子さんや南野陽子さんはデビューは一年遅かったが、堀越学園では同級生になる。実をいうと私は当時岡田有希子さんのことはちょっと好きだったのだ。翌1985年に本田美奈子さんがデビューするとそのあまりのかわいさに魅せられてそちらに乗り換えてしまったのだが、私にとって美奈子さんがジュリエットだとするなら、岡田有希子さんはちょうどロザラインのような存在だった。


くちびるNetwork」は生前に発売された最後のシングルである。彼女のヒット曲はほかにもいくつかあるが、この曲が最も強く印象に残っているのはなぜだろう。タイトルは何だか意味がよくわからないし、サビのところではこの“Network”という言葉と音符の数が合わず不自然な譜割りになっていて、聴きにくいことこの上ない。

この曲は事務所の先輩である松田聖子さんの作詞と坂本龍一さんの作曲という大物コンビによる作品ということで当時話題を呼んだようなのだが、私にとってはそうしたことはあまり本質的ではない。そういうこととは別に、この曲は何というか、今でも耳にすると否応もなくあの頃に引きずり戻されてしまうような、そんな魔力を持っているのだ。


彼女が亡くなった時にはとても驚いたものだが、同時に「そういわれてみるといつかはそんなことが起こりそうな気はしていたな」という不思議な感慨にとらわれたのを覚えている。あの感覚は一体何だったのか、今もわからずにいる。確かに彼女にはいつもどこか儚げな存在感があったのだが。

あれ以来私は彼女のことをまともに考えたこともなかったし、なぜ死ななければならなかったのかについても何も知らない。だから彼女についてろくなことを語れるわけでもないのだが、せめて彼女の魂の安らかならんことを願ってこんな駄文を書き連ねている。


ところで、私には意外なことなのだが、生前の彼女を知らない世代からも新たにファンになる人が多くいるのだという。歌手として大成したわけでもない、自分が生まれた時にはすでに亡くなっていたアイドルのファンになるという心理は私には理解しにくいのだが、ともかく今も彼女が多くの人に慕われているというのはうれしいことである。

しかし私にとってさらに意外で理解し難いことに、一部には彼女のことを尾崎豊と重ね合わせて崇拝する向きもあるのだそうだ。これにはさすがに違和感を覚えざるを得ない。当時尾崎は本物のカリスマだったが、彼女はごく普通の人気アイドルであって、それ以上でも以下でもなかった。彼女の実像から懸け離れたイメージを勝手に膨らませて、それを崇め奉るというのでは意味がないのではなかろうか。彼女と同時代を生き、その無垢な笑顔に淡い思慕を寄せていた者としては、彼女のありのままの、等身大の女の子としての姿をこそ愛して上げて欲しいと思う。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/587

コメント

私が1980年代アイドル世代なのか、小学校の学級新聞で人気アイドルが自殺したことを書きました。マネージャーまでも自殺した。それくらい衝撃的だったですからね。
岡田有希子さんはポスト松田聖子と言われた。それくらいの重圧感もあった。本家を越えられるのか。一方、本田美奈子さんには工藤夕貴さんという強力な親戚がいて芸能一族。歌唱力は工藤さんの父・井沢八郎さんの血を引いたのかしら。だから、一時期は演歌を歌ったこともありましたね。
似たケースで倉田まり子さんが石川ひとみさん似と言われたが、歌が下手だったのがマイナスでしたね。人気アイドルだったが、ノイローゼで芸能界から去っていってしまった。
売れなくなってしまったスターが自殺するケースはよくあるそうですが、まさか、人気が上がった頃にしてしまったのはショックでした。それだけに社会現象だったですね。

-> eyes_1975さん

あのニュースは衝撃的でしたね。松田聖子さんと比較されるのは彼女にとって重圧だったのでしょうか。最近彼女と同世代のアイドル4人が顔を揃えたCMが話題になっていますが、彼女もあんな風に美しく歳を重ねることができていたらどんなによかっただろうと思います。

ちなみに、本田美奈子さんが工藤夕貴さんと従姉妹同士だというのは単なる噂であって事実でないそうです。倉田まり子さんの場合は不運にもスキャンダルに巻き込まれてしまったのが気の毒でした。

実はですね…自分もユッコのこと好きだったんですよ…。
好きになったきっかけは、自分は元々、河合奈保子ファンだったんですが、
彼女も奈保子ファンだって言ってたのを聞いて、
だんだん気になる存在になっていったように記憶してます。
ファーストアルバムや当時の「BOMB!」っていうアイドル誌のユッコ特集も残ってます…。

あの自殺は思い出したくもないですが、
その2日前くらいに彼女のラジオ番組が最終回で、
それを聞きながらなんか変な気分だったのを憶えています…。
まあ、後付けでそんな風に感じたのかも知れませんが…。

それと関係ないですが、
ふと、「ユッコっていいとものTELショッキングとかに出た事あったのかな…?」
と思って、ちょっと調べてみたら、残念ながら出たことはなかったようなんですが、
(まあ合間のコーナーには出たかもですが…出ても学校行ってるから見られませんけど)
自殺の翌9日に坂本龍一が出ていたようです…それに触れたのかはわかりませんが…。
ちなみに自殺のニュース速報は、8日のいいともの放送中に流れたそうです…。

-> ボランチさん

おやおや、ボランチさんもでしたか。かわいかったですからね〜。

ああいうことをするところまでいきなり追い詰められたということはないでしょうから、その前から何らかの変調はあったんでしょうけどね。誰もそれを止めてあげることができなかったのが残念です。

いいとものテレフォン・ショッキングは出てないんですか。美奈子さんはデビューして年に出ているみたいなので、出ていてもおかしくないはずなんですけどね。坂本教授は直接の親交があったんでしょうかね。会ったことがあるのであればおそらく平静ではいられなかったと思いますが。

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。