NHK杯2010 男子シングル フリー

2010年10月24日

12人の出場選手中4人が4回転ジャンプに挑戦し全員が成功と、予想外にハイレベルなジャンプの競い合いになった。ケヴィン・ファン・デル・ペレン選手はオリンピックでの4回転–3回転–3回転のコンビネーションジャンプも記憶に新しいところだが、なお現役を続行し、高いレベルのジャンプの技術を維持しているのには驚くほかない。

無良崇人選手はSPに引き続きの成功。しかしこれもSPと同様その後のジャンプで苦労していた。4回転を跳んでなおかつほかのジャンプも成功させることができるようになればもっと飛躍できるはず。羽生結弦選手は試合では初挑戦での成功と、勝負強いところを見せてくれた。持ち前の柔軟性を生かした表現力に加え、ジャンプの難度でも世界のトップクラスに互角にわたりあえるだけの潜在能力を示してくれて、まことに頼もしい。

高橋大輔選手は練習では全く成功していなかったそうで、大会期間中に唯一成功させたのが試合の本番だったという勝負強さ。かつての高橋選手の姿を思い浮かべるとまるで別人のよう。終盤に立て続けにジャンプのミスが出たのは疲れのせいだったか。まあ連覇を狙うシーズンの最初の試合としては上々の出来といっていいんじゃないかな。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/620

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。