全日本選手権2010 女子シングル

2010年12月31日

安藤美姫さんはSP、フリーともに完成度の高い演技を見せての見事な優勝。SPではコンビネーション・ジャンプでトリプル–トリプルを跳びたかったのをニコライ・モロゾフコーチに止められたのを悔しがっていたようだが、そういうことでモティヴェーションを低下されたり集中力を切らしたりしなくなったところに成長の跡が窺える。単独のトリプルジャンプはフリップからループに変更していたが、これは必ずしも消極的な選択というわけではなく、今シーズンのルール改正でループの基礎点が高くなったことを考えれば賢明な判断だったといえると思う。そしてそのループが実に高さのあるジャンプだった。ループであれだけ高いジャンプを跳ぶ選手はなかなかいない気がする。フリーは驚くほどの高得点だったが、スコアを見るとGOEで多くの加点を得ていて、採点方式が多少変更されてもやはり完成度の高さが重要であることに変わりはないのだということを印象づけられる。欲を言えばやはりフリップを跳んで欲しかったところではある。演技終了後の力強いガッツポーズは壮快で格好よかった。

浅田真央ちゃんは世界選手権の出場権を最優先に考えるならトリプルアクセルは回避してもよかったはずなのだが、SPから跳んできたところはやはり真央ちゃんだなと思った。そのアクセルもさることながら、本来は得意なジャンプなのにこのところ失敗の続いていたフリップがきれいに決まったことに心底ほっとした。ただこれまでの絶不調は脱したとはいえ、フリーで跳んだルッツはエッジエラーをとられ、苦手のサルコウもダブルになったあたりに課題も残った。今回の結果は真央ちゃんにとって到達点ではなくて、これからまた長い道のりを歩いて行かなければならないのだろう。ファンとしては辛抱強く見守っていくしかない。


村上佳菜子ちゃんはSPでアクセルがシングルになるというアメリカ大会と同じミスがあったが、フリーではこのところやや安定感のなかったフリップや難しい入り方からのループも含めてほぼノーミスの素晴らしい演技を見せてくれた。厳密にいうとルッツでエッジエラーをとられ、サルコウが回転不足と判定されているのだが、それはこれからの課題ととらえればいい。初めての世界選手権でもぜひ清新な演技と愛くるしい笑顔で魅了して欲しい。

鈴木明子さんはジャンプが本調子ではなくて表彰台と世界選手権の出場権を逃してしまった。しかしフリーではトリプルルッツをエッジエラーにならずに成功させていて、まだまだこれから伸びていく余地もあることを照明してみせた。うれしいことに終了早々に現役続行を表明してくれたので、これからも熱く応援していきたい。村主章枝さんはフリーでかなりミスが出てしまったのだけど、シーズン序盤からはかなり上げてきていて、高さのあるフリップなどに村主さんらしいところも見える演技だった。


庄司理紗さんはジュニアの全日本の演技なども見たのだが、ジャンプだけでなくスケーティングの質など全ての面でバランスのとれた完成度の高い選手だと思った。近い将来に世界のトップで活躍する選手になることは間違いないだろう。大庭雅さんは庄司さん同様フレッシュな選手で、初々しい演技の中にダブルアクセル–トリプルループという高度な技も織り交ぜて魅了してくれた。

このところしばらく低迷していた西野友毬さんが復活を果たしたのはうれしい出来事だった。ただ以前にくらべるとジャンプにやや迫力がなくなっているような気がした。以前はもう少し高くて力強いジャンプを跳んでいた印象があるのだが。まあ体型の変化などに応じて跳び方も変わってきているのだろう。ともかくこれを機に以前期待されていたように日本のトップ選手へと成長していって欲しい。同様に久々の復活を遂げたのが石川翔子さんで、以前よりもかなり大人っぽくなっているのが印象的だった。特にSPは妖艶な雰囲気も漂うような演技だった。フリーもよかったのだけど、後半のルッツやフリップがはじめからダブルを跳ぼうとしているかのよう覇気のないジャンプだったところがやや物足りなかった。

各選手が実力を発揮し極めてハイレベルな争いとなった今大会の中で、何とも残念だったのは今井遥さんの不振だった。よほど緊張してしまったのか、調子自体落としていたのか、SPでは全てのジャンプがうまくいかない不本意な演技。フリーは放送がなかったので見ていないのだが、やはり精彩を欠いた演技だったらしい。シニアに上がりたてでいろいろと難しいこともあるのだろうけど、気を取り直してぜひまた素敵な演技を見せて欲しい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/636

コメント

遅まきながらコメントさせていただきます。女子の上位争いは確かにすごかったですね。真央ちゃんはパーフェクトではなかったかもしれませんが、かなり良い演技で、安藤さんはそれを上回る演技だったので、「真央ちゃんが失敗したから1位になった」わけではなく、「真央ちゃんが良い演技をしていても、それをさらに上回る文句のない優勝」になっていて本当にあっぱれだと思いました。久しぶりの優勝と言うのもあり、本人も本当に嬉しかったと思います。村主さんは、3位以内は厳しいかなと思いつつ、ショートが良かったので「もしかしたら」と思った分、フリーは残念でしたが、、、。ちなみに、彼女の本には年間どれくらい経費がかかってるかと言うのが書いてあり、これは本当に大変だなと思いました。いつまで現役かは分かりませんが、頑張って欲しいです。

-> モモさん

こんばんは。返信遅れてごめんなさい。

安藤さん圧巻でしたね。真央ちゃんもシーズン序盤の不調を考えればめざましい演技で、本当に見ていて興奮しました。村主さんはフリーが残念でしたね。いつまで競技を続けられるかわかりませんが、とにかく自分の納得のいくところまでつきつめていって欲しいな、と思います。

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。