世界選手権2011 男子シングル

2011年5月26日

パトリック・チャン選手

SP、フリー合わせて3度の4回転ジャンプを成功させての優勝。歴史的快挙と呼んでもいい圧巻の演技だったと思う。元から評価の高かったスケーティング技術に加え、今シーズンは4回転ジャンプの安定性でも他を圧倒して、まさに敵なしの状態だった。これまでは優れたスケーティングの割りにはプログラムのドラマティックな表現があまり上手ではない印象もあったのだが、フリーの演技では緊迫感の漂う演技が素晴らしかった。昨シーズンからプログラムを持ち越したのは自分の表現に自身も満足できていなかったのでもっと演技を深く追求していきたいという意欲があったためらしいのだが、そういう意気込みの成果がよく表れていたと思う。これからしばらく男子シングルは彼を中心に回っていくことになるだろう。


小塚崇彦選手

小塚選手の銀メダルもうれしかった。事前の段階から好調が伝えられていて、それを裏づけるように予選でも圧倒的な高得点でトップ通過して期待を持たせてくれた。それだけにSPでトリプルアクセルの着氷が乱れてしまったのが惜しまれる。しかしフリーは目の醒めるような完璧な演技で、チャン選手にも引けを取らない素晴らしい内容だった。銅メダルのアルトゥール・ガチンスキー選手も含めてメダリストには若い選手が並んだのが印象的な今大会だったが、これを見てベテラン選手たちがどう奮起してくるのかが楽しみになる。


高橋大輔選手

今回の結果にあらためて闘志をかきたてられているベテラン選手の一人が高橋選手だろう。演技中にエッジをとめるビスが抜けるという不運なアクシデントもあって不完全燃焼となってしまったが、そのことで却って競技への意欲を高められているようだ。東京開催を予定していた今年の世界選手権を以て一区切りという可能性も考慮に入れて臨んだシーズンだったのだろうが、この結果を天の配剤と受け止めて競技続行を決断したことを、うれしく、そして頼もしく思う。


フロラン・アモディオ選手

フリーでヴォーカル入りの音楽を使用したことが話題になったが、彼自身は試合後にユニヴァーサル・スポーツのインタビューに答えて、シーズン最後の大会なので観客のみなさんと一緒に楽しみたかったから、そして日本のみなさんへのささやかなプレゼントにしたかった、と説明していた。ルールに確信犯的に違反するというのは決してほめられたことではないが、そういうことだったのならこれも気が利いた演出だったといえるかも知れない。実際あのマイケル・ジャクソン・メドレーは、確かにヴォーカル入りの方が盛り上がるのだ。これが減点対象にならなかったのも、あるいは彼の意図するところが事前にジャッジに伝わっていたためとも考えられる。惜しまれるのはそれが放送局に伝わっていなかったことだった。実況の解説でそのことにふれてくれていれば、ルール違反であることを気にせず心置きなく楽しめたはずなのだが。まあそれはともかく、こんなプログラムが楽しめたのも開催地が急遽変更された今大会ならではのことといえそうだ。


このアモディオ選手のフリーに限らず、今回の大会は震災で甚大な被害を受けた日本に配慮した、気の利いた演出が随所にあって、大いに勇気づけられた。た。予定されていた東京での開催が震災のために中止になり、代替開催が急遽決まった今回のモスクワ大会だが、全ての日程が無事滞りなく進められたのは関係者の尽力の賜物だろうと推察する。スポーツの持つ力をあらためて感じさせられた大会だった。この大会が与えてくれた感動が、少しでも被災地の復興の力になることを祈りたい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/652

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。