女子体操に現れた遅咲きのエレガンス

2010年11月20日

現在中国広州で開催されているアジア大会、私はあまり見ていないのだけど事後的に情報をチェックしていてちょっと気になる選手を見つけてしまったのでここに書いておきたい。というのは女子体操の田中理恵さんのことで、競技の模様は全く見ていなかったのだが、新聞に載っていた写真をたまたま目にして体操選手らしからぬ(という言い方が適切かよくわからないのだけど)美しさに目を奪われたのだった。そのすらりとした肢体は私の抱く体操選手のイメージとはかなり異なっていて、こんな選手が日本にいたのか、とちょっとした衝撃を受けた。もちろん体操も美しさを競う競技には違いないのだが、体操競技における美しさというのはバレエやフィギュアスケートとはやや違っていて、そういう意味で彼女の美しさはちょっと異質だと思ったのだ。

記事には身長156センチと体操選手にしてはかなりの長身で、23歳にして初の世界選手権出場を果たすという、10代の選手がトップで活躍することが普通の女子体操界では異例の遅咲き選手だといった事実が紹介されていた。さらに調べてみて、先月の世界選手権の個人総合では17位ながら最も優雅な演技をした選手に贈られるエレガンス賞を受賞していたことを知った。やはり私が最初に写真を見て抱いた第一印象は間違っていなかったらしい。

YouTubeに現地で観戦した人が撮影したと思われる世界選手権の映像がいくつかあったので、ここで床の演技を紹介してみる。彼女の演技が、小柄な幼児体型の選手がひたすらゴム鞠のように跳びはねる、といったような、普通私たちが女子の体操について描くイメージとはおよそ懸け離れたものであることがおわかりになると思う。正規の採点ではより上位に位置する選手が何人もいるのに彼女に特別賞を与えた審査員の気持ちも実によくわかる。競技の常識を打ち破るようなその優雅さに、彼女のことを“体操界の太田由希奈”とでも呼んでみたくなる。



彼女の経歴について詳しくはNumberの記事を参照していただきたい。私が最初に見たのとは違うけど産経新聞のサイトに写真がたくさん掲載されている(「次の写真」をたどっていくといくつも見られる)。見ての通りとてもきれいな人で、輝くような笑顔も素敵だが、ちょっと愁いを帯びた表情もまたぐっとくる。

ここでは紹介しないでおくけどTVのインタビューの映像を見ると受け答えもはきはきとして気持ちいい人なので、今後も継続して活躍していけば人気が沸騰することは間違いないと思う。彼女はお兄さんと弟も体操の選手で、お兄さんの田中和仁選手とは先月の世界選手権に兄妹出場を果たしている。今度はぜひオリンピックの同時出場も果たして欲しい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

新体操 山崎浩子強化本部長が続投へ

2008年9月 4日

北京オリンピックの新体操団体で日本が決勝進出を逃したことの責任をとって日本体操協会に進退伺いを提出していた山崎浩子強化本部長が今後もこのまま続投することになったらしい。フェアリージャパンも解散せず、来年9月に三重県で開催される世界選手権にもこのチームで臨むことになるようだ。長い時間をかけて強化してきたこのチームの経験は日本の新体操界にとって貴重な財産になるはず。彼女たちにまた新たな挑戦の機会が与えられたことを喜びたい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

北京オリンピックで輝いた女性たち

2008年8月25日

前回のエントリーに引き続き北京オリンピックで輝いた女性たちについて語ってみる。

新体操個人総合は18歳のエヴゲニヤ・カナエワ選手が初優勝。最後のリボンではピンクのコスチュームで「モスクワ郊外の夕べ」に乗せてあでやかな舞いを披露してくれた。紫の衣装でのフープの演技もエレガントで印象深かった。名前が少し似ていることもあってアテネの金メダリスト、アリーナ・カバエワさんの後継者といういい方をされることも多いようだけど、カバエワさんのような驚異的な柔軟性を生かしたアクロバットが目を引く演技とは異なり、もっと優雅な雰囲気で観衆を魅了するタイプの選手であるように思う。

昨年の世界選手権のチャンピオン、アンナ・ベッソノワ選手はアテネに続き銅メダルに輝いた。長い手足を生かしたしなやかな演技が魅力の選手で、ちっちゃな頭がお人形さんみたい。そのほかにも上位には東欧系の美女がたくさんいて楽しませてもらったけど、欲を言えばやはりこの中に日本を含めたアジア系の選手もいて欲しいものだと思った。


一方団体には日本からフェアリージャパンが出場していたが予選10位に終わり上位8チームが出場できる決勝には進出できなかった。ロープのプログラムは今年になって「アメイジング・グレイス」を新たに用意したのだが、結局昨年まで演技していた「剣の舞」に戻してきた。ロープもフープ・クラブも若さを生かした躍動感のある演技を見せてくれたが、フープ・クラブの最後に取り損ねたフープが大きく場外に飛び出すという手痛いミスが生じてしまった。本人たちはさぞ悔しい思いをしていることだろうけど、これまで努力を重ねてきた自分たちを誇りに思って欲しい。

中国はこの団体に東欧系の美女たちに劣らぬ、手足の長い恵まれたスタイルの選手を集めて質の高い演技を披露し、見事銀メダルを獲得した。アジアの選手でもやればできるということを示した快挙といっていいと思う。

優勝は女王のロシア。予選では細かい乱れもあったが決勝ではさすがの貫禄を見せつけてくれた。銅メダルのベラルーシや惜しくもメダルを逃したイタリアも含めてみなそれぞれに美しい演技だった。


日本選手団で輝いていた女性アスリートといえばやはりソフトボールの上野由岐子投手にふれないわけにはいかない。二日で3試合、413球という八面六臂の大活躍で、彼女にはもう一つくらい金メダルを上げてもいいような気がする。今大会の日本選手団のMVPは間違いなく彼女だったと思う。この競技が次回はオリンピックから外されてしまうなんて気の毒で仕方ないが何とかならないものか…。


前回のエントリーで書き漏らしていた選手のことも少し。女子重量挙げの48キロ級、日本の三宅宏実選手はハロプロ系の美少女である。あのお父さんからよくこんなかわいい娘さんが生まれたものだと感心してしまう。体調管理がうまくいかなくて実力が出し切れずメダルは逃してしまったけど、それでも6位入賞は立派な成績だと思う。

中継が途中で切られてしまって最後まで観戦できなかったのが残念だったけど、この階級は外国選手にもちょっと信じがたいほど美人が揃っていた。それにしても、体重48キロの女性が100キロを超えるバーベルを持ち上げてしまうのだから、鍛え抜かれた肉体の力の凄さに驚くばかりである。


前回アテネ大会で見てその爽快な柔道はもとよりインタビューなどでのはきはきとした受け答えがかわいらしくて好きになったのが女子柔道63キロ級の谷本歩実選手。今回も前回に劣らぬ見事な内容での金メダルで私たちに歓喜をもたらしてくれた。特にフランスのリュシ・デコス選手との決勝戦はこのオリンピックで私が見た中で最も素晴らしい好勝負の一つだった。試合後は場内のフランスの大応援団からも大きな歓声が湧き起こったそうなのだけど、それは彼女の一本を取ることにこだわり続ける柔道がこの競技本来の魅力を存分に満喫させてくれたということの表れなのだと思う。

民放の中継ではキャスターを務める荒川静香さんがその美貌をほころばせて喜んでいたのもうれしいことだった。ただ一つ残念だったのは今回は恩師の古賀稔彦さんとの抱擁シーンが見られなかったこと。スタジオで涼しい顔してコメントする古賀さんに向かって「こんなところで解説なんかしている場合じゃないだろうがっ!! 今すぐ北京にとんで行って熱く抱き締めてこい!!!」と罵声を浴びせたのはきっと私だけではなかったと思う。


もう一人、私の好きな女性アスリートが競泳の中村礼子選手。競泳の美人選手というとライバルの寺川綾さんや伊藤華英さんが注目されることが多いようだけど、私は中村さんもとてもかわいい人だと思っている。その中村選手は背泳ぎの200mでアテネに続き銅メダルを獲得したのだけど、私はこのレースを再放送も含めて見逃してしまった。今大会それだけがちょっと心残りである。

なお競泳では自由形50mで金メダルを獲得したドイツのブリッタ・シュテフェン選手もとてもかわいい人だった。表彰式での素晴らしい笑顔に、どことなくフィギュアスケートのエレーナ・ソコロワさんを思わせるものがあった。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

北京オリンピックで出会った美しき女性たち

2008年8月20日

連日大いに盛り上がっている北京オリンピック、私も大方のスポーツファンと同じくTVの前に釘付けになっているのだけど、特にこれといって気の利いたコメントができるわけでもないのでこのブログでは何もせずにいた。しかし一応音楽と並ぶもう一つの柱としてスポーツをテーマに掲げているからには何か一言いっておかないと。というわけでここはやはりこのブログらしくオリンピックで出会って心ときめいた女性アスリートたちを取り上げてみる。


まずはトランポリン女子で金メダルを獲得した中国の何雯娜選手。その見事な演技もさることながらあまりの美貌にすっかり心を奪われてしまった。まだ19歳とのことで、これからの活躍も楽しみな選手である。ただ、我が日本選手団が誇る美人アスリート、廣田遥選手が大会直前に負った怪我の影響もあって予選落ちしてしまったのは残念だった。


オリンピック前半戦で印象深かったのはやはりバドミントン女子ダブルスで日本の末綱聡子前田美順組が挙げた大金星。注目していた人はほとんどいないと思うけど敗れた世界ランク一位の楊維張潔雯組は二人とも細身のきれいな人で、まさかの劣勢に愁いを湛えた表情にはハートをくすぐられてしまった。

そのスエマエ組は結局準決勝、三位決定戦ともに敗れたのだけど、最後の試合の後に感極まって泣きながらインタビューに答える姿が実に印象的だった。全力を出し切って悔いなく試合を終えて晴れ晴れとした表情が素晴らしく、このインタビューは今大会を通じて最も美しいシーンの一つだったと思う。

この試合、民放の放送では直後にスタジオの映像に切り替わってキャスターの古田敦也さんが「悔しいなあ」とコメントしたのだけど、当の本人たちが完全燃焼できたことに心から満足しているのに他人が悔しがらなければならない理由が理解できない。古田さんほどの偉大なアスリートまでがマスメディアのメダル至上主義の尻馬に乗ってしまうのはいただけない。ここはまず何よりも先に彼女たちの健闘を祝福して上げて欲しかった。


球技に目を移すとバレーボール女子のポーランド代表のキャプテン、ミレナ・ロスネル選手がお下げ髪の似合うかわいい人だった。このポーランド代表チーム、この6月に元代表選手のアガタ・ムロズさんが26歳で白血病で亡くなるという悲しい出来事があって、みんな彼女の分までと心に誓ってオリンピックに臨んでいたのだそうだ。これを聞いた途端このチームにシンパシーを感じてしまった。日本代表に敗れたことで決勝トーナメント進出を逃してしまったけど…。

それから女子サッカーのアメリカ代表の攻撃の核、アミー・ロドリゲス選手。このチームは我がなでしこジャパンに二度にわたって苦杯をなめさせたにっくき仇なのだけど、あの美貌を見せつけられると「まあ仕方ないか」と思うしかない。確かアテネ・オリンピックの時にアメリカ代表を金メダルに導いた中心選手もとてもきれいな人だったような気がする。


昨年行われた世界水泳で見てちょっと気になる存在になったのがシンクロナイズド・スイミングのギリシャ代表のデスポイナ・ソロム選手(デュエットのうち色白で小柄な方の選手)だった。シンクロというとメカニックでリズミカルな動きが多い競技なのだけど、彼女の場合は音の捉え方に独特の柔らかさがあって目を引いたのだった。デュエットの演技では今一つ彼女の特徴が表れにくいのだけど、演技を終えて陸に上がった時にカメラに向かって手を振ったり投げキスをしたりする仕草にも独特のキュートな色っぽさがある。ギリシャ・チームの実力はまだまだ発展途上というところのようだけど、まだ若い選手なのでこれから大いに力をつけていって欲しい。


そして最後はやはり夏季オリンピックの花、体操女子で締めくくりたい。最も印象的だったのはやはり長い手足を生かしたしなやかな演技で私たちを魅了してくれたアメリカ代表のナスティア・リューキン選手。名前を聞いた時すぐにロシア系かな、と思ったらやはりそうで、お父さんはソ連代表としてソウル・オリンピックに出場した名選手で、お母さんも新体操の元世界チャンピオンなのだそうだ。今大会大活躍の中国代表の中では個人種目別床で4位に入った江鈺源選手の演技が心に残っている。

我が日本代表選手たちの大健闘も忘れてはならない。日本選手団最年少の鶴見虹子選手はあの小さな体でエースとして堂々と日本チームを牽引してくれた。次回のロンドン大会ではぜひ男子代表の内村航平選手の妹の春日ちゃん(かわいい♥)にも加わってもらってさらなる活躍をしてくれることを祈りたい。

なおついでにいうと内村選手のお母さんもお下げ髪の似合うかわいい人で、あの特異なキャラクターには圧倒的な存在感がある。全体に今回のオリンピックはアテネの時から活躍する顔ぶれに変わり映えがなく人材のフレッシュさに物足りなさを感じさせられる中で、貴重なニュー・ヒロインの誕生といえるのではないかと思う。


もちろん、ここに挙げたのは私の心にさわやかな感動を与えてくれた選手たちのほんの一部であり、ここで言及しなかった選手たちも競技にひたむきに汗を流す姿がみなそれぞれに美しく輝いていたのはいうまでもない。私が見ていなかった競技にもたくさんの美しい女性アスリートがいたことと思う。大会もそろそろ終盤に差し掛かってきたけど、この後もさらに多くの美しい選手に出会える(特に明日から始まる新体操あたりで)だろうと思うと胸がわくわくする。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

男子ハンドボール日本代表 オリンピック出場はならず

2008年6月 3日

男子ハンドボールの日本代表は世界最終予選の最終戦でロシアに敗れ、20年振りのオリンピック出場はならなかった。

二敗した相手は前回大会の一位と三位なのだから20年もの間出場すらしていない日本が敵わないのも無理はない。“中東の笛”が覆されて生じた微かな望みは儚く消えた…。

そもそもハンドボール界にとっては競技自体がこれほどマイナーではいかんともし難いところだろう。宮崎県知事がかつてタレントだった頃、何かのTV番組で「ハンドボールをやっていました」と人に話すと「へぇ〜」と言ったきり話が続かない、と慨嘆していたっけ…。あの時の騒動が日本のハンドボール界の未来にとって幸いとなることを祈るほかない。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

フェアリージャパン 新プログラムは「アメイジング・グレイス」

2008年4月20日

今週の火曜日に新体操団体の日本代表が公開練習を行い、新しく作られた二つのプログラムを披露した。このうち公開の場での初披露となったのがロープのプログラムに使用された音楽が「アメイジング・グレイス」だった。この歌の近年の日本での認知度の高まりがこんなところにも表れているようで興味深い。ニュース映像で少し見ることができたけど男声ヴォーカルによる軽快な感じの曲調で華麗な舞を披露し、最後は独創的な“ティアラ”と呼ばれる技で締めくくった。

一方先に完成して先月キエフで行われた大会でも披露したフープとクラブのプログラムは布袋寅泰さんが手がけた映画『キル・ビル』のテーマ曲を使用している。こちらはギターが細かくリズムを刻むスリリングな音楽で躍動感あふれる演技となっている。


先ほどNHKの『スポーツ大陸』を見たのだけど、十代の少女たちが実にシビアな競争をしながら互いを切磋琢磨している様子にあらためて勝負の世界の厳しさを感じさせられた。メンバーのうち何人かは実際にはオリンピックには出られないわけだけど、こうしてみなで過ごした濃密な時間が彼女たちの人生にとって大切な宝物となるよう願わずにはいられない。


先日のイベントではゲストに荒川静香さんが迎えられ、北京オリンピック本番に向けて「笑顔を忘れずに精一杯楽しんで」と激励を受けた。こうした厳しい世界のただ中にあってなおそれを楽しむゆとりを持つというのは最も難しいことなのかも知れないが、無欲に自分のスケートを表現することに徹して栄冠を勝ち取ったオリンピック金メダリストにあやかって、ぜひ彼女たちも美しく輝いて欲しい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

週末のスポーツ三題

2008年3月10日

先週末のスポーツの話題三つについて一言ずつ。


長野メモリアルオンアイス2008

今月1日に長野オリンピック10周年を記念して行われたアイスショーの録画放送だが、当り前のように太田由希奈さんの演技をカットした編集に腹が立ってコメントする気も起きない。ただ一言、高校時代の荒川静香さんはやっぱりかわいい♥


WBC世界フライ級タイトルマッチ

内藤大助ポンサクレック・ウォンジョンカムの4度目の対戦は三者三様のドロー判定でチャンピオンの内藤が防衛。私の目には終盤内藤が辛くも逃げ切ったように見えたが際どい採点になった。しかしドローという結果も十分納得の両者とも素晴らしいファイトだった。

おもしろかったのはポンサクレックが入場のテーマ曲にベートーヴェンの交響曲第5番を用いていたこと。そう言えば何となく彼の風貌は肖像画で見るベートーヴェンに似ているような気がする。

今日の朝日新聞夕刊に載ったこの試合についての西村欣也氏によるコラムが素晴らしい文章で、紹介したいのだけど残念ながらウェブでは読めないようだ。このコラムで知ったのだが、先月発行の内藤の自叙伝「いじめられっ子のチャンピオンベルト」の帯には「カッコ悪い自分を愛せる人は、カッコイイ」という文言が記されているのだそうだ。深い言葉に思わずうならされた。ヒーローというのはこういう人のことを言うのだとあらためて確信した。


名古屋国際女子マラソン

周知の通り“Qちゃん”こと高橋尚子選手は惨敗したのだけど、この人の何が凄いといって、あんな結果になった直後に笑顔で記者会見をするところだ。天才的なアスリートは数多いだろうが、こういうことができる人というのは滅多にいないと思う。なぜこんなことができるのか自分には信じ難いところだ。この人が人気があるのはただオリンピックで金メダルを取ったアスリートだからというだけでは決してないだろう。今後については競技を続けると明言していたので、ぜひ自分が納得できるまで走り続けて欲しいと思う。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

補欠じゃなかった法華津選手

2008年2月 8日

暗いニュースの後の嫌な気分を和らげるために明るいニュースも取り扱っておきたい。馬場馬術団体で日本の北京オリンピック出場が内定し、これに伴い3月に67歳になる法華津寛(ほけつ ひろし)選手は日本選手として史上最年長でのオリンピック出場を果たすことになった。こんなお年になっても世界のトップアスリートが集うオリンピックの舞台に立てるとは素晴らしいことだ。これも日頃の鍛錬と節制の賜なのだろう。法華津選手の快挙を心から讃えたい。なお、このおめでたいニュースを聞いて法華津選手は補欠ではなかったのか、という下らない感想を抱いたのは私だけではなかっただろう。


17歳じゃなかった井上喜久子さん

名前に関することでもう一つおもしろかったのはこれまでの最年長記録の保持者だった。これまでの記録保持者はソウルオリンピックの同じ馬場馬術に63歳9ヶ月で出場した井上喜久子さんだという。これを聞いて井上さんは17歳じゃなかったのか、というこれまた下らない感想を抱いたのもきっと私だけではなかったはずだ。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

ハンドボール北京オリンピック予選のやり直し 男子も韓国に惜敗

2008年1月30日

異例のやり直しとなったハンドボールの北京オリンピック予選、昨日の女子に引き続き今日は男子の日本対韓国戦が行われ、日本は25-28で敗れ今大会でのオリンピック出場権獲得はならなかった。

立ち上がりは両者ともピラミッド状に選手を配置して高い位置からプレッシャーをかける3-2-1ディフェンスを採用していたが、韓国は途中から6人が横一線に並ぶディフェンス隊形に変えてきた。これを日本は攻めあぐね、序盤から韓国にリードを許す試合展開となった。このあたりはもっと遠い位置から力強いシュートを放って欲しかったところで、無駄なパス回しが多くなかなかシュートにまで持ち込めない日本の攻撃にもどかしさを感じた。

後半途中からは日本もディフェンスを低い位置に下げ、これが効を奏して韓国の攻撃を抑えることに成功した。この時間帯に日本は連続得点を決め、一時は2点差にまで詰め寄った。しかしここから韓国も底力を発揮し、それ以上の日本の追撃を許さなかった。最後は左サイド(日本の右サイド)から相次いで得点を決められて突き放された。

それにしても最後まで勝敗の行方のわからない白熱した好ゲームで、フェアな条件で行われるスポーツの試合というものがいかに素晴らしいかをあらためて感じさせてくれた。今回の騒動をきっかけに初めてハンドボールに関心を抱いた人にもこの競技の魅力は十分伝わったのではないかと思う。両チームの選手の健闘を讃えるとともに、この試合の実現に尽力した日韓両国のハンドボール協会や国際ハンドボール連盟の関係者に敬意を表したい。

日本はまだ世界最終予選での北京オリンピック出場権獲得の可能性を残している。この試合の経験を生かしてぜひ悲願を実現して欲しい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

ハンドボール北京オリンピック予選のやり直し 女子は韓国に敗戦

2008年1月29日

異例のやり直しとなったハンドボールの北京オリンピック予選、今日は女子の日本対韓国戦が行われ、日本は21-34で敗れ今大会でのオリンピック出場権獲得はならなかった。

前半日本は6人が低い位置に横一線に並ぶディフェンスの布陣を敷いたが、9mラインの中に入ってくる相手へのプレッシャーが弱く簡単に点を許してしまう。逆に日本のオフェンスは高い位置から積極的にプレッシャーをかけてくる韓国のアグレッシヴなディフェンスになかなか攻め入ることができない。後半に入ると日本は右45度の選手を高い位置に配する変則的な5-1ディフェンスの隊形に変えて互角の守り合いを演じてみせた。しかし攻撃でミスを繰り返し速攻からの失点を重ねて点差を広げられた。自分たちのやりたいプレーを相手にされてしまうという最悪の試合展開で、最後は地力の差が出て大差がついてしまった。

後半の最初に見せたような積極的なディフェンスを初めからすることができなかったのが惜しまれるが、元々実力差の大きい相手なので敗戦は仕方のないところだろう。この試合の教訓を世界最終予選に生かして欲しい。


明日は男子の日本対韓国戦が行われる。男子は女子ほどには実力差は大きくないはずだが、それでも格上の相手であることに変わりはない。体格とパワーで上回る韓国に対し日本は堅いディフェンスからの速攻に活路を見出したい。昨年9月に行われた最初の予選では後半途中に同点に追い付く粘りを見せたが最後は突き放されてしまった。今度は最後まで相手に喰らいつく執念を見せて欲しい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村
  

最新のコメント

アーカイブ

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。