ヤングなでしこが銅メダルを獲得

2012年9月 8日

先月から日本で開催されていた女子サッカーU-20のワールドカップは今日最終日を迎え、地元日本のヤングなでしこチームはみごと銅メダルに輝いた。大会を通じて輝いていたのはなんといっても田中陽子選手で、正確なキックと的確な状況判断で日本の攻撃を中心となって組み立てていた。スイス戦では左右両足でフリーキックからゴール決めるという離れ業で驚かせてくれたが、今日のナイジェリアとの3位決定戦でも無回転シュートで先制ゴールを生み出し、あらためてその多彩な才能を見せつけてくれた。

私は事前には彼女についてほとんど知識がなかったのだが、初戦のメキシコ戦で後半から途中出場で入ってきた時に、その表情が素晴らしく輝いていたので気になる存在になったのだが、実際にプレーを見るにつけ、その溢れんばかりの才能にますます魅了されていった。今後もぜひこのまま成長して、日本の女子サッカー界の屋台骨を背負う選手へと育っていって欲しいと思う。


この若いチームを率いた吉田弘監督は「3点取られても5点取って勝てばいい」という攻撃的なサッカーを掲げてチーム作りを進めていたようだ。準決勝のドイツ戦のように力のある相手に対してもそういうサッカーを貫けばああいう結果になるのも致し方のないところだが、この年代では性急に結果を求めるよりも選手たち個々の能力を伸ばしていくことを優先するという方針は間違っていないと思う。

ただ、試合中の選手交代には意図のはっきりしないものが多く、放送の解説者もコメントを求められて答えに窮しているようなシーンが多々見られた。特にドイツ戦の後半に、日本の攻撃がようやく活性化しはじめたタイミングで田中陽子選手を代えてしまったのは明らかな失敗だったように私には思われる。これは結果論ではなく、韓国戦でも彼女を左サイドバックの位置に下げてから前線にパスの配球役がいなくなり、攻撃が機能しなくなっていたという前例があった。彼女が最後までプレーしていたとしてそれが得点に結びついたかどうかは定かでなく、試合をひっくり返すことができた可能性はさらに小さいが、後半はじめの時間帯に見られた勢いのある攻撃がもう少し長い時間続いたであろうことはほぼ確実で、惜しまれるところである。今日の3位決定戦でも、後半に守備のテコ入れをしたい局面で既に交代のカードが残っていないところにちぐはぐさが見られた。

まあとにもかくにも若きなでしこたちの溌剌としたプレーにハラハラドキドキする日々はこれで終わった。この大会の盛り上がりが、女子サッカーのさらなる発展につながることを祈りたい。


下の動画は乃木坂46による大会オフィシャルソング「人はなぜ走るのか?」。このグループらしいさわやかなポップチューンで、スポーツをモティーフにしながらこれほど汗臭さのない楽曲というのもめずらしいのではないか。私の推しメン、まいやんこと白石麻衣さんの美しい長髪の大活躍(?)も楽しめる。



もう一つ序でに、今大会とオフィシャルな関係はないものの、女子サッカーをモティーフにした楽曲ということでNMB48の「オーマイガー!」(ショートヴァージョン)。こちらは汗まみれ傷だらけの青春讃歌である。サビの振付けが超絶的にかわいくて好きな曲なのだが、私の推しメン、みるきーこと渡辺美優紀さんは何かのペナルティがあったらしく残念ながらこの曲には不参加。


Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

なでしこJAPAN ワールドカップ優勝

2011年7月18日

今朝は素晴らしい試合にドキドキさせてもらった。アメリカはやはり想像した通りの強さだったが、細かいパスを丁寧つなぐなでしこの技術と、最後まで諦めない強い精神力が最後に花開いた結果といえるだろう。PK戦というのはじゃんけんみたいなものなので論評するのは虚しいが、円陣を組んだ時に日本の選手たちに笑顔が見られたのが非常に印象的だった。こういうぎりぎりの状況で笑顔を見せる余裕があるというのは、それだけ彼女たちがいい精神状態でこの大会に臨めていたということなのだろう。

日本の攻守を支える大黒柱、澤穂希選手はMVPと得点王に輝く大活躍で、特にボランチのポジションで得点王というのは驚異的なことだと思う。私の推しメン(?)の鮫島彩選手が美しい笑顔をほころばせて喜ぶ姿も目にすることができて本当によかった。


ただ、既にいろいろと報道されているように、代表チームの強化は急ピッチで進んだものの日本の女子サッカーをめぐる環境は決して恵まれていないのが実状である。この快挙が女子サッカーのさらなる発展に結びつくためには、選手たちがもっと安心して練習に打ち込めるような環境を整備することが必要だし、競技人口の裾野をもっと広げていく努力をしなければならない。

もちろん、今回のなでしこたちの活躍を見て自分もサッカーをやりたいと思った女の子たちも全国にたくさんいることだろう。そんな子たちの思いを形にしていくことができるかどうか、そこに日本のスポーツ文化の底力が試されるといっていい。今日はこのなでしこJAPANの快挙を祝福するとともに、スポーツの明るい未来に祈りを捧げたい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

サッカー日本代表 アジアカップ

2011年1月31日

ふと気がついたら1月も今日で終わり。今月はブログを放置してしまっていたので、ここでサッカーのアジアカップのことを書いておこうと思う。

この大会はアルベルト・ザッケローニ監督が就任してから最初の真剣勝負ということでその采配が注目されていたが、私が受けた印象はまず非常に柔軟な考え方の持ち主だということだった。最初に就任が発表された時、イタリアのクラブでは3-4-3のシステムで成功を収めた指揮官として紹介されたが、実際に日本で指揮してからはずっと4バックを採用し、南アフリカでのワールドカップの時に近い布陣で臨んでいる。こうしたところを見ると、自分がこれまでに培ってきた戦術を無理に押し付けるのではなく、チームの実状をよく見極めてそれに合った戦術を編み出していくタイプの指揮官であることが窺われる。

今大会では、私はディフェンスの能力は高いが上背のない今野泰幸選手をセンターバックで起用するのは高さのある相手と戦う時には危うい面もあるのではないかと危惧していたのだが、オーストラリアとの決勝戦では後半途中から岩政大樹選手を投入し、今野選手をサイドバックに回すことによってディフェンスの安定を計っていた。この交代が結果的に長友佑都選手のクロスボールから李忠成選手が決めた決勝点を導き出したのだから、やはり優れた指揮官なのだと思う。

インタビューなどでチームの団結の大切さを繰り返し強調しているところも非常に印象的だ。大会期間中は控え選手に積極的に声をかけ続けてモチベーションを高めさせていたそうで、各試合で交代して入った選手が結果を出していたのはそのためもあったらしい。こういうところは日本のチームの精神風土によく合っているといえそうだ。

アジアを制しただけでいうのは早計かも知れないが、この大会の戦いぶりを見る限り日本のサッカー界には明るい前途が開けているようで、これからがますます楽しみになる。ワールドカップ後に新監督の選出が遅れたことで批判された原博実技術委員長も、今や鼻高々なんじゃないかな。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

日本代表 決勝トーナメント進出

2010年6月25日

今日未明のデンマーク戦はこれが本当に日本代表チームなのかと目を疑うくらい、実に美しい試合運びだった。大会前には全く予想もしなかった快進撃に、ただただ驚嘆するばかりである。

韓国との壮行試合があまりに覇気のない内容だったので、正直かなり厳しい結果になることを予想していたのだが、岡田武史監督がこの試合の後に開き直ったように大幅な戦術変更を施したことが大きかった。GKに川島永嗣を起用、阿部勇樹をアンカーとするシステム変更、本田圭佑のワントップといった施策がここまで尽く吉と出ている。

中でも私は特に阿部を起用して守備的MFを3枚にする戦術変更がこのチームの現在の好調に大きく寄与していると思っている。川島や本田の活躍に比べると話題にする人が少ないようだが、彼が入ったことによって守備の安定性は劇的に改善している。

阿部は私の好きな選手で、このところずっと代表の常連ではあったものの、試合出場の機会が少ないのを残念に思っていた。それが大会直前の突貫工事によるシステム変更で、チームのキーマンへと躍り出たのは何ともうれしいことだった。そしてそのことがチームに快進撃をもたらしているとすれば尚更である。

決勝トーナメント1回戦の相手はパラグアイ。強い相手であることは間違いないが、カメルーンやデンマークにだって格上の相手にも関わらず勝ってきたのだから、この調子で挑めば勝つチャンスも十分にあるはず。次もぜひ今日のような試合でサッカー・ファンを湧かせて欲しい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

バニラビーンズが歌うデンマークの応援歌

2010年6月24日

いよいよ日本時間の明日未明、決勝トーナメント進出をかけたデンマークとの試合がキックオフとなる。ここはぜひとも北欧の強豪を相手に快勝して、8年前の日韓大会以来の歓喜を味わわせて欲しいところだが、デンマーク代表には強力な味方がいる。日本のアイドルユニット、バニラビーンズがデンマークの応援歌を歌っているのだ。



この歌を歌うことになった経緯は朝日新聞の記事に詳しい。このように相手国の応援を忌憚なくできるというのは平和の祭典であるスポーツの大会のいいところである。明日の試合がこのかわいくて、そして力強い応援歌に相応しい、充実したゲームになることを期待したい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

中澤佑二 代表復帰

2007年2月14日

今年最初のサッカー日本代表のメンバーが発表され、昨年代表からの引退を表明していた中澤佑二が復帰した

代表引退の表明の時にも書いたけど、彼は今の日本サッカー界に欠かせない人材である。引退の決意を翻意してくれたのはとてもうれしい。ぜひまたあのボンバーヘッドでオシムJAPANの支柱となって欲しい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

お年玉バトン

2007年1月10日

グランプリシリーズから全日本にかけての興奮の疲れが出てきたのか、年があらたまってから更新する気力が湧いてこない。書きたいネタはそれなりにあるのだけど、どうも書き出す踏ん切りがつかないのだ。そんなわけで安直に更新できるネタが欲しいところなので、美輪@brownycatさんのところに置いてあったバトンを拾ってみようと思う。大変なので全部の項目はできないけれど、昨年の回顧と今年の展望を記しておきたい。


お年玉バトン

共通編

2007年飛躍を期待している人はだれですか?
もちろん太田由希奈さん
こんなに祈るような気持ちでアスリートを応援するのは初めてかも知れない。戻ってきてくれただけでもうれしいけど、もっともっと輝く人だと信じてる。右足首の痛み、代われるものなら代わって上げたい。

2006年一番エキサイトしたスポーツシーンを教えてください。
もちろん荒川静香さんのトリノオリンピック金メダル
十分予測していたことではあるけど、実現してみるとやはり感慨無量だった。長野オリンピックでどこかおどおどと滑っているのを見た時にはこんなにも女王の風格漂うスケーターになるとは思ってもみなかった。自分が期待していたよりもさらに美しく変貌を遂げてくれた荒川さんに心から「ありがとう」といいたい。

2006年一番がっかりしたスポーツシーンを教えてください。
もちろん(?)8月2日の亀田興毅のタイトルマッチ
しばらくボクシングからは離れていて、久々に見たタイトルマッチがこの試合だった。いつの間にボクシング界はこんなことになっていたのか、と愕然とした。スポーツファンをやっていて最も悲しい思いをした出来事は98年に起きた横浜フリューゲルスの消滅だけど、その時以来の失望だった。

「猪突猛進」この言葉を贈りたいスポーツ選手を教えてください。
田中闘莉王選手
PKはセンターバックの仕事ではないと教えてやりたい。

書き初めを贈りましょう。誰になんて書きますか?
桑田真澄投手に「百尺竿頭進一歩」
もうすでに日本の球界でこれ以上ないというほどの実績を築き、今引退すれば誰もが惜しみない賛辞を贈るはず。でも彼はまだその先に歩を進めようと決意した。そんな彼にこの言葉を贈りたい。

2007年楽しみなマッチアップ(一対一の対決)は何ですか?
琴欧洲 vs. 琴光喜の優勝決定戦
琴錦(現竹縄親方)の速攻相撲に惚れ込んで以来の佐渡ヶ嶽ファンなもので。無理だと思いつつ言うだけ言ってみる。

2006年に聞いた一番の名言を教えてください。
「ワンアイスクリーム、ツーアイスクリーム、スリーアイスクリーム」
これは説明不要。

2006年に聞いた一番の迷言を教えてください。
「どんなもんじゃい!」
同上。

フィギュアスケート編

プレオベールに来シーズンチャレンジしてもらいたいプログラムは何ですか?
チャップリン
彼ならエレーナ&アントン組よりもっと似合いそうな気がする。

将軍が対抗してお笑い系のプログラムを作るとしたら、どんなものがいいですか?
寅さん
チャップリン」に対抗し得る日本のコメディーといえばこれしかない。織田選手でなければできないプログラムだと思う。(「将軍」って織田選手のことなんだよね? 信長は征夷大将軍ではなかったけど。)

受けを狙ったことを書くのは得意でないのであまりおもしろくなかったかも知れないけどご容赦を。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

横浜FC J2優勝でJ1昇格を決定

2006年11月27日

サッカーJリーグ2部は横浜FCが優勝し、来シーズンのJ1昇格を決定した

横浜FCは横浜フリューゲルス消滅を受けて市民が立ち上げたクラブチーム。今シーズンはメンバーにカズ山口素弘小村徳男城彰二など日本のサッカー界を支えてきた錚々たる顔ぶれを擁してJ1昇格に望みをかけていた。カズを監督補佐に任命、シーズン開始直後には監督を高木琢也氏に交代しスタッフにも往年の名選手を揃えていた。

この結果は彼らのプライドとサッカーにかける思いがもたらした快挙といっていいだろう。この世代の選手達に胸を熱くしてきたサッカーファンの一人としてもうれしく思う。それと同時に彼らを物心両面で支えてきたサポーター達の貢献も忘れてはならない。

そもそもこのチームは選手やサポーターの意向を全く無視して強行されたフリューゲルスのマリノスへの吸収合併という異常な事態を受けて市民の手によって創設されたクラブである。何の資産も特権も持たない市民がスポーツ文化の担い手となる一つのモデルケースとしてスポーツファンに勇気を与える快挙である。

私の手元にはフリューゲルス消滅時のキャプテンだった山口素弘の手記があるのだけど、これはサッカーファンには涙なしでは読めない一冊である。ブログを始めるようになってからもしあの当時にブログツールなどという便利なものがあったなら、ということをよく考える。あの頃すでにインターネットはかなりの程度普及していたが、個人が意見や情報を発信するというのは決して容易なことではなかった。今ならサッカーファンのブロガー達が結集して合併反対への世論を形作っていくということもできるはずだ。それが果たして合併撤回という結果を生み出すことができるかどうかはわからないけれど。

今昇格を決めたメンバーの中に山口の名が見えるのは感慨深い。彼のクレヴァーなプレーと朴訥とした語り口が好きで応援してきた一人として喜びをともにしたいと思う。

関連記事

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

オシムJAPAN ホームでサウジアラビアを下す

2006年11月16日

昨日行われたアジアカップ予選の最終戦で、日本はアウェイで敗れたサウジアラビアに3ー1で勝利し1位での通過を果たした

いつも得点力不足にいらいらとさせられる代表の試合を見慣れた目には拍子抜けするほど楽に点が入る試合だった。最初の2点はフォワードに高さのある二人を揃えた成果といっていいだろう。3点目は絶好のクロスを我那覇が的確に枠の中に蹴り入れて見事。闘莉王の再三にわたる攻撃参加も効果的だった。PK失敗はご愛嬌。しかしなぜ闘莉王だったのだろう。普段は三都主が蹴っていたはずだけど、三都主が交代したら闘莉王が蹴るというのが事前の約束事だったのだろうか。

今回もディフェンスラインに阿部今野とボランチの選手を起用していたがこれはやはりオシムの好みなのか。阿部はディフェンダーとしての適性もあるが今野は本質的にボランチの選手だと思う。あるいはオシムは今の日本のディフェンダーには有為の人材が足りないと考えているのだろうか。

ともあれ久しぶりに代表の会心の試合を見せてもらった気がする。オシムの戦術が選手達に浸透し、選手同士の意思疎通もスムーズにいくようになったということだろうか。このチームの将来に期待を抱かせる、そんな試合だったと思う。


試合中に津波の情報が伝えられたが、大きな被害はなかった模様で何よりだった。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

オシムJAPAN インドに3ー0で勝利

2006年10月11日

アジアカップ予選、インドでのアウェイの試合は3ー0の勝利。パ・リーグのプレーオフを見ていたので途中からの観戦になった。という訳で播戸がどうして包帯を巻いているのかわからない。停電などのトラブルがなければいいが、と見守っていたら予想通り(?)前半の終了間際停電で照明灯が一部落ちて試合が中断。しかし4分弱の中断で済んだのは幸いというべきか。後半にも照明が落ちたほか犬がピッチ内に乱入するハプニングも。それもこれも「ノー・プロブレム」で済ませてしまうのがインド的知性のあり方なのだろうか。


播戸は代表2試合目にして初先発、初ゴールに続き2点目を叩き出す大活躍。彼がこれまで代表に招集すらされていなかったというのは意外だが、Jリーグで努力を続けてきた甲斐があったというもの。ひたむきにゴールに迫るプレーは見ていて気持ちがよかった。

中村憲豪は味方や観衆をも欺くようなトリッキーなプレーは見られないシンプルなスタイルだが、要所で的確に相手ディフェンスの少ない場所にパスを供給していて好感が持てる。後半の目の覚めるようなロングシュートは実に見事だった。


前半終了直前に負傷した水本に代わって後半開始から長谷部が投入されたのでてっきり4バックにするのかと思っていたら鈴木をディフェンダーの位置に下げたのには驚かされた。阿部今野、鈴木と本来はボランチの選手を3人最終ラインで起用するというのは思ってもみなかった布陣だった。このあたりはオシムの好みなのだろうか。ただやはり今野か鈴木のどちらかはボランチの位置で起用して欲しかった。中盤での守備が薄くなって相手にペースを握られる場面が多くなったように思う。

3点を取って勝ったとはいえ、欲をいえばもう少し日本のゴールラッシュが見たかった。特に後半はペースがつかめずに間延びした試合展開になってしまった。その中でも播戸、中村とフレッシュな顔ぶれに代表初ゴールが生まれたのは収穫といえるだろう。このチームの今後の更なる成長に期待したい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村
  

最新のコメント

最新のエントリー

アーカイブ

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。