琴光喜 白鵬に勝利

2009年7月22日

大相撲名古屋場所十一日目、大関琴光喜は全勝の横綱白鵬を寄り切りで下し、優勝争いのトップに並んだ。立ち合いすぐに右四つになると先に上手を引き、出し投げで攻め立てた。一旦ふりほどかれたものの流れの中で今度は両差しとなり、土俵際まで寄り立てた。左上手を肩越しに引いた横綱に粘られたが、再度寄り立てるとさすがに横綱もこらえ切れず土俵を割った。ここしばらくの琴光喜の相撲には見られなかったような、完璧な内容での白星だった。

今日は大関の琴欧洲も敗れ、これで白鵬、琴光喜、琴欧洲の三人が一敗で並び、優勝争いは俄然混沌としておもしろくなってきた。こうなると佐渡ヶ獄ファンとしては同部屋決戦が見たくなるが、果たしてそんな展開になるものかどうか…。


一方、元大関の出島は今日限りでの引退を表明した。力強い押し相撲で大関みで上り詰めたものの、その後は蜂窩織炎に悩まされる苦しい日々だった。ふくらはぎの毒が全身に回らないよう、薬で抑えながらの土俵生活だと聞いたことがある。そんな状態でよく今日まで幕内を務めてきたものだと思う。心からお疲れ様と言いたい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

朝青龍 復活優勝

2009年1月26日

横綱朝青龍の復帰が注目された大相撲初場所はその朝青龍の完全復活を告げる優勝で幕を閉じた。それも終わってみれば14勝1敗という圧倒的な内容の見事な優勝だった。昨年の名古屋場所から3場所連続で休場した時にはやや気持ちが切れかけているようにも見受けられたが、左肘の状態は万全ではなく稽古も十分にできていなかった中での優勝は気力の充実の賜でしかあり得ないだろう。日本の相撲界へのこだわりも、あのいつものふてぶてしい態度とともに戻ってきたようなので、今後もまだしばらくはこの横綱にいろいろな意味で楽しませてもらえることになりそうだ。

その反面、稽古も十分にできていなかった横綱に全く歯が立たなかった他の力士たちの不甲斐なさを感じざるを得ない。この結果を発奮材料としてさらなる精進に励んで欲しいものだ。


横綱白鵬は十日目の日馬富士戦以降目に見えて相撲内容が悪化していたが、千秋楽での刈屋富士雄アナウンサーの実況によると九日目の把瑠都戦で腰を痛めたらしいとのことで、なるほどそうだったか、と合点がいった。把瑠都戦は豪快な上手投げで勝ったものの、把瑠都に体を浴びせられて後ろに反ったような状態からの投げだったので危ない勝ち方だな、と思って見ていたのだった。現在最高の実力を持つ横綱白鵬でも把瑠都とがっぷり胸を合わせてしまうと厳しい勝負にならざるを得ないということを如実に示す内容の一番だったといえるだろう。終盤はいつもの脆さを露呈してしまったとはいえ、今場所は把瑠都の存在感が大きく印象づけられた場所でもあった。今後彼がどの時点で大関取りに名乗りを上げてくるかが大いに注目される。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

安馬 横綱から価値ある白星

2008年11月20日

大相撲九州場所十二日目、大関取りを狙う関脇の安馬は横綱の白鵬と対戦し、右からの下手投げで破り十勝目を上げた。

立ち合いから左をおっつけてそのまま差し、右も巻き替えて両差しになり、最後は右下手から投げる完勝だった。奇しくもTVの解説の音羽山親方(元貴ノ浪)が予測していたような展開だった。

これで安馬は白鵬と並び優勝争いのトップに立ったばかりでなく、目標としていた大関取りに向けても大きな一歩を踏み出したといえる。大関取りの目安は12勝と言われているが、仮りに11勝に終わった場合でも横綱にこれほど圧倒的な内容で勝ったというのは大きなアピールになるはずだ。

今場所は地元出身の大関魁皇の途中休場などもあり、今一つ盛り上がりに欠ける場所になっていた。いつになく観客の入りが悪かったのには数々の不祥事の影響も大きかっただろう。しかしこれまでいつも「ファンが喜ぶ相撲を取りたい」と語ってきた安馬が、その言葉に相応しい内容の相撲でファンの期待に応えようとしている。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

朝青龍 4敗目

2008年9月23日

大相撲秋場所九日目、横綱朝青龍は関脇の安馬を相手にいいところなく敗れ、ついに4敗目を喫した。立ち合いから右に変化した安馬に上手を許すとすぐさま出し投げで後ろを向かされ土俵の外に送り出された。

報道では十日目以降の休場が濃厚と伝えられている。九州場所へ向けて体調をととのえて再起を期すということになればいいのだが、今場所の取り組みからは気持ちがすでに切れてしまっているようにも見える。左肘の状態がかなり悪いとは言われているものの、それ以上に立ち合いの集中力や土俵際の粘りに欠けているのが目につくのだ。それはこれまでの彼の土俵人生を支えてきたものだったはずなのだが。

今の時間まで何もニュースが伝わってこないということはまだ大きな決断をするまでには至っていないのだろうが、今後も彼が本来の姿を取り戻すのは容易なことではないように思われる。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

琴光喜関 婚約おめでとう!!

2008年9月12日

このところいやな話題ばかり続く相撲界からめずらしくおめでたいニュースが飛び込んできた。大関の琴光喜関が婚約を発表したそうである。お相手は一つ年上の元病院勤務の女性で、大関はただでさえ細い目をさらに細めて喜んでいた。ちょっと妬けてしまうくらいきれいな人だが、末永くお幸せに、といっておこう。そしてもちろん、嫁取りがかなったからには次はぜひ綱取りに向けて励んでもらいたい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

琴欧洲 初日に痛い黒星

2008年7月13日

大相撲名古屋場所初日、綱取りのかかる大関琴欧洲は苦手の安美錦に全くいいところなく敗れ、念願の横綱昇進は大きく遠のいた。ここしばらく東の大関の初日には前頭筆頭の力士を当てるのが慣例になっているそうなのだが、運悪くそれが現在5連敗中の安美錦だった。立ち会いから安美錦の両手突きをまともに胸で受けてしまってなすすべなく土俵を割った。

元々綱取りには高いレベルでの優勝を要求されていただけに、初日がこの内容では場所後の横綱昇進の可能性は限りなく小さくなったと言っていいだろう。いきなり見所が半減してしまったようで寂しいというか何というか…。こうなったら場所前の稽古は絶好調で、出稽古に来た横綱朝青龍をこてんぱんにやっつけたという琴光喜に期待するしかないか。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

最近のスポーツの話題から

2008年6月22日

今日は昼ごろから生憎の雨、気分がぱっとしないけどこのところサボり気味だったブログの更新をしてみる。今日は夏場所に初優勝した琴欧洲のパレードが予定されていたのだけどこの雨でおそらく中止になったはず。せっかくの晴れ舞台だったのに何とも残念。(午後6時40分追記:オープンカーではなく屋根つきの車に乗ってパレードを行った模様。)


昨日のジャイアンツとホークスの試合は久々に見ていて興奮した。移籍組とはいえ大枚をはたいて連れてきたわけではないベテラン選手が若手に負けずに溌剌とプレーしているのを見るとすがすがしい気分になる。今日の試合で交流戦の優勝チームが決まるようだけどどうなることやら。


書きそびれていたけど先日の長谷川穂積の防衛戦は圧巻だった。実力差がかなりある上に相手が前に出てくるタイプの選手なので早い回でのKOも予想されてはいたけれど、あれほどあっさりと決まるとは驚きだった。彼の圧倒的な強さを示す素晴らしいファイトだったのだが、視聴率はあまり高くなかったそうだ。本物の実力の持ち主がいてもどこかの兄弟が馬鹿騒ぎをしないと世間の注目が集まらないのかと思うとちょっと寂しい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

琴欧洲関 初優勝おめでとう!!

2008年5月24日

大相撲夏場所14日目、大関琴欧洲は勝てば優勝の決まる関脇安馬との対戦に送り倒しで勝ち、ヨーロッパ出身の力士として初の優勝を果たした。昨日の敗戦を涙を流して悔しがったとのことだったが、今日はその悔しさを払拭するような厳しい立ち合いで両差しとなり、そのまま勢いに乗って前へ出て送り倒す見事な相撲だった。

振り返ってみると大関になるまでは順調だった彼の相撲人生だが、その後は怪我に泣かされて苦しい日々の連続だった。しかし今場所は膝の状態もいいようで彼の持ち味が遺憾なく発揮されていた。普通あれだけの上背があればもっと相手を懐に呼び込んで後ろにそっくり返るような体勢で取りたくなるものだと思うのだが、彼は決して前傾姿勢をくずそうとしないのが魅力を感じるところである。このあたりは亡くなった先代の佐渡ヶ獄親方の教えによるところも大きいのではないかと思う。存命中の恩返しはならなかったが、先代親方もさぞ喜んでおられるだろう。

そして来場所はいよいよ綱取り場所となる。元々素材としては十分に横綱が狙える力士であり、ぜひ意欲的に取り組んで欲しい。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

琴光喜 価値ある援護射撃

2008年5月23日

大相撲夏場所13日目、大関琴欧洲は平幕の安美錦に敗れ初の黒星を喫した。安美錦が立ち合いを合わせづらそうにしにて再三待ったを繰り返したが、それで集中力を乱したのか立ち合いに厳しさがなく、左前まわしはつかんだものの一気に押し出されてしまった。元々相口の悪い相手だということもあり、初優勝への意識からかやや固くなっていた印象だった。明日の安馬もやや苦手にしている相手だが、気持ちを切り替えて思い切って相撲を取って欲しい。

一方琴欧洲を星二つの差で追いかける横綱白鵬も大関琴光喜に敗れ差は縮まらなかった。立ち合いからすぐに琴光喜が左上手を引き、横綱が苦し紛れに左を巻き替えにきたところを一気に前へ出て寄り切った。白鵬はかなり左足の状態が悪いようだが、琴光喜にとっては価値ある弟弟子への掩護射撃となった。

今日は敗れたとはいえ琴欧洲の初優勝の可能性は益々現実味を帯びてきている。明日以降もさらに楽しみである。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

琴欧洲 白鵬も撃破

2008年5月22日

大相撲夏場所12日目、大関琴欧洲は横綱白鵬を寄り切りで下し初日からの連勝を12に伸ばした。立ち合いからやや左に変わりながら左上手を引きつけ、右も差して組み止めるとそのまままっすぐに前へ出て寄り切る最高の内容の相撲だった。これで初優勝もかちなり現実味を帯びてきたが、残りの対戦相手には番付では下位とはいえやや苦手としてきた力士が揃っている。それでも変に気負うことなくこれまで通りの相撲を取れば結果はついてくるだろう。残り三日が実に楽しみになってきた。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村
  

最新のコメント

最新のエントリー

アーカイブ

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。