世界選手権2010 女子シングル

2010年3月29日

鈴木明子さん

元々世界選手権には出場しないはずだったのでオリンピック終了後にいろいろな予定を組んでいたそうで、そのために準備が十分でなくSPではここしばらくはなかったほど大きく乱れてしまった。フリーでもスパイラルが止まってしまいそうなほどスピードがなかったり本来の出来ではなかったと思うが、それでも彼女の実力の一端は見せてくれて、順位も大きく巻き返した。特にレベル3に認定されたステップは多くの加点をもらっていて、全選手中最高点を叩き出している。鈴木さんの演技はステップが見せ場だという認識が国際的にも定着しているようで、そのことが何よりうれしい。


安藤美姫さん

SPではめずらしくルッツでの転倒があったが、フリーは大きなミスのない充実した演技を見せてくれた。オリンピックの時よりもスピードがあったのがよかった。これで4年前の悔しい想い出を払拭できただろうか。


キム・ヨナさん

オリンピックの金メダリストがその年の世界選手権にも出場するのは近年あまりなかったことだが、やはりコンディションの調整やモティヴェーションの維持には苦心したようで、本来の出来ではなかった。SPはフリップを跳んだ後に左足に何か違和感が生じたようだが、スローで見ても右足だけで着氷しているので問題があったとすれば踏み切りの際だろうか。その辺はちょっとよくわからない。

フリーはダブルアクセル–トリプルトウループのコンビネーションまでは惚れ惚れするようなできだったが、その後のサルコウからおかしくなった。この演技内容でフリー1位というのはさすがにどうかと思うが、総合2位で来年の2枠を確保して、彼女としては肩の荷を降ろせたというところか。


カロリーナ・コストナーさん

久しぶりに彼女のいい演技を見たという気がする(一体何年ぶりだろう)。最初のトリプルフリップ–トリプルトウループのコンビネーションはトウループが両足着氷だが回転数は認定されている。中盤に跳んだトリプルトウループがダウングレードされたことなどが響き、点数が意外に伸びなかったのが残念だった。私の目には彼女が銅メダルに相応しかったように映った。


浅田真央ちゃん

見た目には完璧な演技だったのだが二つ目のトリプルアクセルがダウングレード。今一つ点数は伸び切らなかったが、本人としては満足そうだった。波乱に満ちたシーズンだったが、本人の納得のいく形でシーズンを締め括ることができたのはよかった。またこれから先のスケート人生にも気分よく踏み出していけるのではないだろうか。ひとまずはゆっくり休んで、これまで奮闘し続けてきた自分を褒めて上げて欲しい。


長洲未来ちゃん

SP1位でもしかして表彰台、という期待も生じたのだが、本人もそのことを意識し過ぎてしまったようで、中盤からボロボロになってしまった。オリンピックで大活躍していよいよ世界のトップ選手に仲間入りしてきた感のある未来ちゃんだが、まだこうした脆さも抱えているようだ。しかし来シーズン以降ますますの成長を見せてくれることになるのではないだろうか。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/585

[世界フィギュア]次の4年への始まり

女子のフリー、とりあえず、Radio Canadaのネットライヴで部分的に見てお

不正ジャッジを撲滅する方法 | 浅田真央、バンクーバーの涙

結論を先に述べる。 1.審判の匿名制度をやめる 2.競技後の記者会見を義務づける 以上...

コメント

許せぬキムヨナとフジTV・世界フィギュア、浅田真央が逆転優勝・でもフリーでは何故か大失敗2回のキムヨナが1位!・露骨すぎる審判買収にイタリアの観客も呆れ・フジテレビはキムヨナ優勝なら韓国国歌ノーカット放送だが、日本人が優勝すると君が代カットhttp://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3790.html

-> afaさん

すみません、プロパガンダみたいなことはどこかよそでお願いします。

はじめまして。
最近、こちらのブログを知りまして、楽しませていただいています。
>特にレベル3に認定されたステップは多くの加点をもらっていて、全選手中最高点を叩き出している。鈴木さんの演技はステップが見せ場だという認識が国際的にも定着しているようで、そのことが何よりうれしい。
ほんとうにそう思います。素晴らしいことですね。
ところで、鈴木明子さんは、どことなく木の実ナナさんと似ていると思われませんか?
かといって、私はナナさんを詳しいわけでもなんでもなく、随分前にテレビでたまたまナナさんの舞台を見たときの記憶とか、雰囲気とか、顔立ちとか....単なるイメージなんですけど。
でも、ナナさんの代表作『ショーガール』という言葉は、まさに鈴木明子さんにピッタリですよね。来季もシェーリーンさんの振り付けとか。シェーリーンさんが、次はどんなふうに明子さんを踊らせるのか、凄く楽しみです!

-> 眠り犬さん

初めまして。コメントありがとうございます♪

木の実ナナさんですか、今までそう思ったことはありませんでしたが、言われてみると確かにあのくりくりとした大きな目がナナさんに似ているかも知れませんね。本調子ではなくても得意のステップとなると俄然気合の入った踊りを見せてくれるところなどは、まさに本物のエンタテイナーだと思います。“ショーガール”はお似合いのキャッチフレーズですね。来シーズンはどんなプログラムを見せてくれるのか、今から楽しみですね。

これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。