NHK杯2006 女子シングル フリー

2006年12月 2日

有力選手の欠場が相次ぎ予想されたこととはいえ、本当に日本の3選手が表彰台を独占するという結果になった。素晴らしい快挙を心から祝福したい。このことに一番プレッシャーを感じていたのは中野友加里さんのようで、連覇については全く意識しなかったが自分が3位に入り損なって表彰台独占を逃したらどうしよう、と思っていたとのこと。無事実現できてさぞほっとしていることだろう。


キム・チェファさん:プロコフィエフの音楽より

SPはミスなく乗り切ったがフリーではジャンプでミスを連発し冴えない演技。美しい濱田コーチも表情が曇ってしまっていた。音楽は多分ピアノ協奏曲第3番を中心につなぎ合わせたものだと思うが、ピアノが刻む細かいリズムに動きを合わせることが全くできていなかった。今の彼女の力からすると難し過ぎる選曲ではなかったかと思う。


レスリー・ホーカーさん

ピアノが奏でる情感溢れる音楽とホーカーさんの笑顔が印象に残るプログラム。新婚さんの幸福感が表情に表れているように感じた。ミスの多い演技ながらほかの選手にもミスが相次いだためフリーでは6位に入った。苦労しながらも競技を続けて来た努力が報われたといえるかも知れない。


トゥグバ・カラデミルさん

SPに比べると振り付けに個性が感じられるプログラムだった。こうしたセンスは少し男子のエマニュエル・サンデュに似ているかな、と思った。


ジェンナ・マッコーケルさん:フリーダ

シングルアクセルやダブルフリップで拍手が起きる痛々しい演技。それでもSPより個性が感じられるプログラムなのがよかったと思う。こうした味わいの方が彼女に合っているようで楽しそうに滑っていたような気がする。


クリスティーヌ・ズコフスキさん:アラビアのロレンス

今まであまり気にならなかったのだけど最初に跳んだループと2度目のサルコウがかなり巻き足になっているように見えた。本来はもっとジャンプに安定感のある選手なのだと思うけどミスが多かったのが残念。表現も少しもアラビア風のテイストが感じられなかった。彼女にはあまり似合わない音楽だったのではないだろうか。


村主章枝さん

ジューリンによる振り付けでユーモラスな動きも多く取り入れた、SPとは違った味わいのプログラム。"女優"と称される村主さんには相応しいプログラムともいえそうだが"シンデレラ"には見えなかった。私の好みとしてはSPの方がよかったと思う。それでもルッツとフリップを2度ずつ決めるなど村主さんらしい高度な演技だった。

最後のジャンプ、サルコウがシングルになってしまったのが唯一のミスだった。6分間練習でサルコウを決めていたのでやはり今回は入れてくるのだと思い注目して見ていたがスタミナを消耗したところで決めるのは難しかったようだ。いわゆる"大プロジェクト"はジャンプの面では不発に終わったが、いつも新たな課題に挑戦を続ける姿勢は立派だと思う。


ベアトリサ・リャンさん

ルッツで転倒してしまったのを皮切りにジャンプが壊滅的になってしまった。彼女も本来はもっとジャンプの力がある選手なのだと思う。ジャンプが安定すれば独特の力強いスケーティングが映えるようになると思う。


中野友加里さん:プロコフィエフ シンデレラ

冒頭トリプルを狙ったアクセルはすっぽ抜けてハーフアクセル、ループはシングルに。フリップも少し怪しい感じがしたがダウングレードには至らなかった。中国大会よりはずっとのびのびと滑れている感じがした。表情もやわらかく、インタビューの受け答えも笑みを浮かべながら落ち着いて話していた。まだ暫定2位の段階で「少し休んで全日本に備えたい」と話していたのがおかしかった。


アリーナ・マルティノワさん:ミンクス ドン・キホーテ

ジャンプでミスを連発。ほとんどのジャンプで高さと回転が足りていなかったように思う。大柄な選手で動きの機敏さにはやや問題があるようなので、こうした細かいリズムを正確に刻むバレエ音楽は滑りづらいのではないかと思う。音楽に追い立てられるように演技していたのが印象に残った。もう少し彼女の長い手足をいかしやすいようなプログラムで滑らせて上げたいと思う。


浅田真央ちゃん:チャルダーシュ

問題のステップからのトリプルアクセルは着氷後ステップアウトしてしまったが回転は足りていたので一応成功。ただし狙っていた加点は得られず減点されてしまった。サーキュラーステップでバランスを崩し歩いてしまった部分があったほか、2度目のルッツはやや着氷が危ない感じだった。それでも後ろにダブルトウループとダブルループをつけてしまうあたりは真央ちゃんらしいところ。全体には極めて高度な内容の演技で高得点をマーク。トータル199.52点というのはスルツカヤさんを抜いて歴代1位の記録だという。

欲をいえばサーキュラーステップはちょうど音楽が加速していく部分なのだけど正確に動きをリズムにあわせようという意識が見られないのが惜しいところ。こうした点が改善されたらそれこそ恐いものなしになるだろう。インタビューでは今後伸ばしていきたい点についてきかれると「スピンとかステップとか表現とか」といった答え。やはりまだ技術的な点への意識が強いようだ。ファイナルについては「今日のような…」と言いかけて「今日よりも…」と言い直していたのが印象的。こういうところが真央ちゃんの素晴らしさだと思う。連覇には「ちょっとは自信があります」とのこと。おそるべき16才だ。


ファン・ダンさん

エンニオ・モリコーネのロマンティックな音楽に乗せての優雅な演技。トウループの着氷でのお手つきなどはあったがミスは最小限で満足そうな表情だった。衣装もスカートが短いのが気になったが品のいい色合いでよかったと思う。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/132

NHK杯(アイスダンスFD・女子FS)

本日は職場の忘年会。 かなーり酔っ払い状態ですが、何とか無事帰宅いたしました。 改めて、アイスダンスFDと女子FSを見てみたいと思いま?す(^o^)丿...

さぁさぁ NHK杯3日目!女子FS生観戦記っ!などo(^^o)(o^^)o

というわけで女子FSですっ!! でも、Dotaもへろへろです・・・(><;) と

NHK杯*3日目(女子FP)

さてさて、楽しみな女子です。(^^)

フィギュアスケートNHK杯・生観戦記、浅田真央が歴代最高得点で優勝

フィギュアスケート・グランプリシリーズ2006/2007最終第6戦・NHK杯の、会場での生観戦レポートです。 ・12/2(土)の男子SP・アイスダンスF...

【多事「氷」論】 村主選手 NHK杯&スケートカナダ 比較

早くも、予定を変更(笑)して、この記事から、NHK杯の感想を述べさせて頂きます。

コメント

 浅田真央、村主、中野の3選手が揃ったフリーの最終組、6分間練習のときから私は緊張しました!(お前が緊張してどうするねん←自分につっこみ)。
 6分間練習では、審判席から見て、左手前方では真央ちゃんがトリプルアクセルをあのステップ付きで練習し、右手後方では中野さんがやっぱりトリプルアクセルを練習してます。今日は、真央ちゃんと中野さんのダブルで、トリプルアクセルに挑戦です!真央ちゃんは2回失敗しその後2回成功(と思います)、一方で、中野さんは次々と成功(回転足りてたと思います)。今日こそは決めるんじゃないか、と私は思いました。村主さんは、sergeiさんの解説通り、今まで回避してきたトリプルサルコウを決めてます。3人とも気合十分。
 真央ちゃんは、実はジャンプの調子があまりよろしくなかったみたい。それでも、本番ではミスを最小限に抑えてきて、結果的には成功ジャンプと言っていい範疇に入れてきたのは、今期の成長の証ですよね。偉い! 崩れない真央ちゃん、今後も安心して見られるんじゃないでしょうか。
 中野さんは、本番では残念ながら、気合の入りすぎ?でトリプルアクセルを失敗。右足の振り出しを急いじゃったように見えました。ただ、私は、中野さんの練習中の成功ジャンプを間近で見ることができて嬉しかったす。。。練習で成功してればその次は本番で見られるこことが多いからです。
 ジャンプのことばかり興奮して書いてしまいましたが、3人とも気持ちの入ったいい演技でした。3人の競演を見られて本当に良かった。

ここに来れば真央ちゃんの話が出来ると思って参りました。
不完全ではあれ、公式戦でステップからのトリプルアクセルに成功(?)とにかく、手はつかなかったし、こらえたっ!!
「プレッシャーに負けず、よく頑張った!!」と心からのエールを送りたいです。
おっしゃる通り、まだまだ課題も多いと思いますが、とにかくあの素直さと、負けず嫌いの根性は大好きです。
このままいろんな苦難を乗り越えて、伸びていってほしい!!
そう思わないではいられません。
あの子の演技を見るときは、まるで母親のような心境になってしまいます(^^)

男子も高橋、織田選手はもちろんのこと、3位と健闘した「もんちっち君」も、とても将来性のある滑りで、本当によかった!!

-> やまぼうしさん

生観戦されたのですね!

真央ちゃんがステップからのトリプルアクセルをクリーンに成功させていたのは確認できました。中野さんについてはわかりませんでした。6分間練習では決めていたのですね…。

真央ちゃんは事前にはやや不調とも伝えられていましたが当日にはコンディションを上げてきたのはさすがですね。心配のし甲斐がなくて拍子抜けしてしまうほどです。

中野さんは踏み切りから何かおかしかったですよね。でもお話を伺って調子は悪くなくて気合いが空回りしてしまったのかな、と思いました。全日本ではクリーンなトリプルアクセルが見たいですね。

村主さんは終わった後の満足そうな笑顔を印象に残りました。みなさんそれぞれにいい演技でよかったですね。

-> ぶるうらぐうんさん

ご無沙汰しております。ちょうどグランプリシリーズが一段落したらそちらにご挨拶しようと思っていたところです。


真央ちゃんいい演技でよかったですね。少しかたくなっているようにも見えましたが、それだけプレッシャーを感じていたのでしょうね。これまで何も考えずにぴょんぴょんと飛び跳ねていたのとは違い、今は守る立場での緊張感や周囲の期待の大きさなど、いろんなものを背負ってしまっているのでしょう。それでも課題を一つ一つ軽々とクリアしていく様子は見ていて頼もしいですね。このままどこまで伸びていってしまうのか、恐ろしいくらいです。

"母親のような心境"ですか。^ ^ 私は年の離れた妹か従妹でも見ているような気持ちです。見ていると気持ちが暖かくなってくる、そんな女の子ですね。


小塚選手、"もんちっち君"と呼ばれているのですか? 彼もきっと伸びてくるでしょうね。高橋選手、織田選手もうかうかとはしていられないかも知れません。

はい!生観戦。村主さん、真央ちゃんは、初めて見ました。感動しました。二人ともとっても上品なすべり。特に、村主さん、生観戦してみて、彼女の良さ、ファンが多い理由、よーくわかった気がします。エンターティナーですね。テレビ観戦よりもライブの方がずっと楽しく感じます。会場との一体感がありますもんね。それに、村主さんの上品な技、ふわっとした感じがするんですけれど、それが私はとても心地よかったです。
 真央ちゃんは、驚くべき速さで成長してますよね。表現力はまだ足りないという感想も多いみたいなんですが、私は、ダンスらしくなってきた、と思いました。エキシビションもドキッとしましたヨ。来年の春までにはどうなっちゃってるか、見当がつかない。真央ちゃんの成長過程、観るのはとっても楽しみですよね。
 真央ちゃんがジャンプ不調だったという記事、トリプルアクセルに焦点を絞って面白おかしく報道しようとする限り、あながち嘘じゃないと思います。私も練習から観てたので(失敗の3Aも観てたので)、ハラハラしましたよ。成功率はざっくり言って半分? 回りきれない時もあった。それで、本番では、勢いをつけて回った。そしたら、ちょっとだけ回り過ぎちゃってステップアウトしちゃった。それくらいの失敗なら、彼女にとってみれば今回は「成功」ジャンプだったということかな。
 どのジャンプも回転軸が「細く」絞れてるので、ジャンプ全体としてみればまったく心配ないです。
 それどころか、2A-3T,3F-3Lo,3Lz+2Lo+2Loやっちゃうとは凄いですね(初めて入れてきた3Lzの3連続は2Lo+2Loが失敗でしたけど)。3A失敗しちゃっても総合で190点代後半が取れるということでしょう?強気の発言が出てくる理由は、そういうところにもあるんでしょうね。

-> やまぼうしさん

村主さんは観客に直接何かを伝えようと意識して演技しているのが感じられます。"女優"というのはいい得て妙ですよね。


青嶋さんの記事によると真央ちゃんは昨シーズンはむしろ練習ではうまくいかないことが多く、試合での高揚感の中で成功させていたとのことです。今シーズンはそれが逆になっているのだ、と指摘されていました。プレッシャーとの戦いの中でミスしてしまっているように見えても、練習では着実に力をつけてきていると見ていいようです。

ルッツの後の二つのループがダウングレードされてもあの点が出るのですから、完璧にこなしたらどうなってしまうんでしょうね。末恐ろしい感じがします。

 村主さん、FPは"女優"の本領発揮ですね。競技会ということを忘れ、楽しみました。それから、TV観戦ではオーバーアクションに感じて正直あまり好きになれなかったところも、リンクという広い劇場の中では、ちょうどいいなと感じました。反省!この挑戦、どうなるのか、今シーズンの楽しみのひとつです。
 真央ちゃん、青嶋さんの記事とは、↓これでしょうか?
http://iceblue.cocolog-nifty.com/figure/
「去年は練習では実は跳べていなかった、試合の高揚感の中に入って初めて成功させていた」今シーズンはそれが逆になっている、
そうでしたか。
 3A、6分間練習中は、中野さんが調子良く、それと比較しちゃいました。中野さんの方は、本番、「急いだ」じゃなくて、慎重になりすぎて助走(後ろ向きで滑る時間と思います)が長くなって、それでうまく飛べなかったそうですね。中野さんは、今期、軸が「太い」のがちょっとだけ気になりますけど。全日本までまだ日にちがあるし、中野さんも楽しみ。
 佐藤信夫コーチ、村主さん、中野さん、それに小塚君も、擁していますから、大忙しですね。

-> やまぼうしさん

村主さんは演技があまりにオーバーアクションに見えて好きじゃない、という意見もよく見かけますね。でもあれは会場の一番遠い席の人にも伝わるように、ということを意識してのものなのかな、と思いました。それがTVでアップでとらえられると少しくどく見えてしまうこともあるのかも知れませんね。

中野さんは助走が長過ぎたのが原因でしたか。中国大会とくらべると調子はよくなっていたように見えたので、ファイナル進出を逃した分全日本に照準を合わせて万全の調整をして欲しいですね。

信夫コーチはよく体一つで足りているな、と思いますね。特に村主さんと中野さんは世界選手権代表の座を争う関係にあるので大変ですね。弟子同士が厳しい競り合いをするというのは指導者冥利に尽きるのかも知れませんが。

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。