「Time To Say Goodbye」

2007年5月 6日

作詞・作曲:サルトリ、カラントット&ピーターソン 編曲:井上鑑
アルバム「AVE MARIA」COCQ-83633(2003.05.21)所収。ミニアルバム「アメイジング・グレイス」COZQ-147,8(2005.10.19)、ベストアルバム「クラシカル・ベスト〜天に響く歌〜」COZQ-255,6(2007.04.20)にも収録されている。

言わずと知れたサラ・ブライトマンさんの代表曲。元々は「Con Te Partirò」のタイトルでイタリアのテノール歌手、アンドレア・ボチェッリさんのために書き下ろされ1995年に発表されたが、サラさんとデュエットしたヴァージョンが世界的なヒットを記録した。この時にタイトルと歌詞の一部が英語に改められたようだ。今では事実上サラさんの持ち歌になっているといってもいいだろう。

楽曲は早口言葉風のレチタティーヴォとボレロ風のリズムによるアリアから構成される。聴く者の心を鼓舞するようなエネルギーに満ちた力強い曲である。


美奈子さんは2000年にシドニーで開催された日豪親善コンサートで、服部克久氏の薦めでこの歌を披露している。2001年の『ミュージックフェア』への出演でもこの曲を歌い、2002年に『題名のない音楽会21』に出演した際は布施明さんとデュエットし、同年末の『ベストテン2002』ではアカペラでひとふし歌ってみせて共演したサンプラザ中野さんらを驚かせている。

そして本格的にクラシカルクロスオーヴァーでの活躍を始めた2003年、第一弾のアルバム「AVE MARIA」にこの曲が収録されることとなった。アルバム収録曲では唯一の外国語のみの歌詞であり、ほかの歌手の持ち歌のカヴァーと見做し得るのもこの曲だけである。その後のコンサートでも頻繁にこの曲を取り上げている。こうしてみると「Time To Say Goodbye」は美奈子さんのクラシック路線を象徴する曲の一つと言えそうだ。


美奈子さんはサラ・ブライトマンさんには強いあこがれを抱いていたようで、店頭でのイベントではサラ版のカラオケでこの歌を歌ったことさえあるそうだ。ミュージカルの世界で成功を収め、クラシックとのクロスオーヴァーの領域へと活躍の場を拡げていったサラさんは、美奈子さんにとって進むべき道のりを照らしてくれる灯し火のような存在だったのだろう。

そんなサラさんへの強いあこがれを象徴するのが逝去後にメモリアルとしてゴマブックスから発行された「天国からのアンコール vol.2 2006年のマリリン」の表紙に採用された写真である。この扮装、ナゴヤドームでのコンサートの時のものだそうなのだけど、明らかにサラさんのアルバム「La Luna」のジャケットを意識しているのだ。ほとんどサラさんになりきった“コスプレ”といってもいいかも知れない。美奈子さん自身が傑出した歌手なのだからそこまでしなくても、と思うのだけど、美奈子さんにとってはそこまでしなければ気が済まないほどあこがれた存在なのだろう。


これほどまでにサラさんにあこがれた美奈子さんにとって、ソプラノアルバムの第1弾に代表曲「Time To Say Goodbye」を収録したのは極めて自然なことだったのだろう。しかし一見相応しく見えるこの選曲は実際には両刃の剣でもあったように思われる。あまりにもサラさんと強く結びついて世に知られているこの曲をクラシカルクロスオーヴァーでの活躍を始めた段階で歌うことになれば、“サラ・ブライトマンの追随者”と見做されてしまう可能性が高いからだ。

サラさんとは活躍の領域が重なるので何かと比較されるのは自然なことである。ただ、そこでしばしば「後少しでサラさんの域にまで届くところだったのに」といった評がなされるのを見ると悲しくなってしまう。こうした議論は美奈子さんのファン同士のやりとりにさえ見かけることがある。

美奈子さんは活動の期間があまりにも短かったし、世界的な人気や知名度ではサラさんに遠く及ばなかったけど、歌唱の質自体ではサラさんと比べて特に遜色ないと私は確信している。それだけに「サラさんのように成ろうとしたけど叶わずに亡くなってしまった人」というような形容がなされることがあるのにはやりきれない思いがする。ファンの間にさえこうした声があるというのはやはりプロデュースの仕方に原因があったようにも思われるのだ。


本格的にクラシックに取り組むにあたっては、むしろ逆にサラさんからの影響を意図して感じさせない方向でプロデュースするという選択肢もあり得たのではないかと思う。少し口はばったい言い方になってしまうけど、もし私が美奈子さんにアドバイスができるような立場にいたとしたら、シドニーのオペラハウスや『題名…』などで歌ったのはいいとして、ソプラノアルバムの制作が決まった時点でこの曲は一旦封印し、コンサートでのアンコールピースのような限定した形でのみ歌うようにしてはどうか、と進言していたかも知れない。

デビュー曲を「好きと言いなさい」から「殺意のバカンス」に変えたことについて美奈子さん自身アイドルとの差別化ができてよかったと語っていたらしい。“差別化”などというマーケティング理論の用語をどこで覚えたのか知らないが、デビュー当時に従来のアイドルたちとの差別化を意識していたのなら、クラシックを歌い始めるにあたってもサラさんなど先行のアーティストたちとの差別化をもう少し考慮してもよかったのではないだろうか。

美奈子さんとしては純粋にこの歌が好きだから歌っていたのだろう。そういう屈託のなさはその実力に比して人気や知名度が高くなかった一因にもなったと思う。打算や計略とは無縁の性格は芸能界の激しい競争を生き抜く上では欠陥だったともいえる。もちろん、そんな人だからこそ惚れ込んでしまうのだけど。

私の考えでは美奈子さんはサラさんともほかの歌手とも異なる独自の個性を持ったユニークなアーティストである。このことは強調しておきたい。サラさんが直線的で淡泊な表現で自身の透き通るような美しい声をじっくりと聴かせる歌い方だとすれば、敢えて下品なほどの濃密な表現に徹することでクラシカルクロスオーヴァーの領域に独自の立ち位置を見出したのがフィリッパ・ジョルダーノさん。そして濃密な表情付けを施したうねるような歌い回しを聴かせながらなおかつ清楚な美しさを失わないのが本田美奈子さん、というところだろうか。


ただソプラノ歌手としてのセルフ・プロデュースのあり方はどうあれ、「AVE MARIA」を制作した時点ですでに美奈子さんにはわずかな時間しか残されていなかったことを思えば、美奈子さん自身愛したこの曲の正規のスタジオ録音やライヴ映像が残されることになったのは結果的に幸運だったとも言える。邪念を排して歌だけに耳を傾ければ美奈子さんらしい名演であることに違いはない。外国語の発音は決して得意でなかった美奈子さんだが、原則として語尾が母音になるイタリア語は比較的楽にこなせたのではないだろうか。“goodbye”の“good”や“partirò”の“ti”の母音を長く伸ばすルバート感覚などはとても日本的だと思う。


美奈子さんがこの曲をレパートリーとするきっかけとなった服部克久氏が美奈子さん逝去後のインタビューに答える中で「今聴くと、つらいね」とぼそりと述懐していたのが印象に残っている。これはおそらく英語のタイトルのことを指しているのだろう。しかしオリジナルのタイトルであり曲中何度も繰り返される「Con te partirò」という言葉はイタリア語で「君と共に旅立とう」という意味である。このことからわかるように、これは別れの歌ではなく出発の歌なのだ。これからはいつも美奈子さんがそばに寄り添っていてくれる、そんな思いを込めて聴いていきたい。

謝辞

この記事を書くにあたっては以下のページを参考にさせていただきました。ここに記してお礼申し上げます。ありがとうございました。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/218

コメント

美奈子さんの貪欲なまでの音楽に関しての探究心は、本当に頭が下がります・・。
もし、病に倒れなければ、私達の想像以上に音楽を極めて日本有数の「声楽家」になっていたのではないでしょうか・・。
願わくば、これから一人でも多く美奈子さんの歌声に感銘し、新たにこの道を進む者が現れること切に思います・・。


ここで、美奈子さん繋がりの方の情報を2つ。


今週の「誰ピカ」(5月11日<金>)は、服部克久さんのお父様、良一氏の特集です。
克久さんも自分のオケで演奏予定です。


その1日前、5月10日(木)は美奈子さんの故郷、朝霞にて行われる「朝霞地区春の交通安全出陣式」にご親友・南野陽子さんが出演。生前、美奈子さんも行った交通安全宣言をします。美奈子さんの遺志を継いだ行為に感慨深いものがありますね・・。

 「Time To Say Goodbye」、聴き入ってしまいます。原題(「Con Te Partirò」は「Ill go with you」(行こう!君とともに)という意味だそうです。それに、米、米、米、米と聞こえますけど、「con me」(私といっしょに)と言ってます。
 ここに訳があります。http://q.hatena.ne.jp/1160351670
 あなたはともにいるんだ、僕の月、僕の太陽、と歌っています。
 詩をよく読んでいくと、同じ場所にいると言っているわけではないようですが、ジーンとくる詩ですね。

-> ヒロさん

美奈子さんが後少し生きることができていたらどんな高みへと上りつめていたことか、それを思わずにはいられませんね。それでもサラさんが美奈子さんの歩むべき道を照らしてくれたように、これから美奈子さんも歌や音楽を志す人の道標となっていくことでしょう。


関連情報ありがとうございます。服部良一さん、「蘇州夜曲」などいい歌をたくさん残した方でしたね。ナンノさんはやはり美奈子さんの友人として白羽の矢が立ったのでしょうか。二人の縁を感じますね。


-> やまぼうしさん

この歌をクラシック路線の中心的レパートリーとして歌っていたのは美奈子さんにとって得だったのか、損だったのか、ということが気になってしまって、どうしても歌そのものに聴き入ることがなかなかできずにいました。でもここで胸にわだかまっていたもやもやを吐き出すことができたので、これからは素直な気持ちで聴くことができるようになるかな、と思っているところです。「con te」と「con me」が執拗なまでに繰り返されていて、実は今の美奈子ファンが面影を偲びながら聴くのに最も相応しい歌なのかも知れませんね。

この曲はサラブライトマンでよく聞いてました。イタリア語っていいなぁ、と感じた曲でした。これはイタリア語がいいと思いますけど。
美奈子さんが続けていれば、にほん語もいいなぁ、って思える曲が、もっと世にでていたかなぁ。美奈子さんの作詞でね。岩谷さんもいいんですけど、にほん語独特のやわらかい響きの詞、斉藤由貴さんのような詞で、もっときいてみたいですね。(サラもよく名曲に作詞してますよね。)

-> やまぼうしさん

実を言うとクラシックに日本語の詞をつけて歌うというのは初めのうち少し違和感がありました。クラシックというと歌曲やオペラのアリアでも詞の意味をわからずに聴くのが当り前のようになっていて、意味のわかる言葉が聴こえてくるとかえっておかしな気がしたのです。

でも美奈子さんは聴く人にわかる言葉でないと歌に込めた思いを十分に伝えられないと考えていたのでしょうね。聴き込んでいくうちにそのことがわかるようになってきました。

私は詩人としての美奈子さんも傑出した才能の持ち主だったと思っています。もう少し生きることができていたらさらに珠玉の言葉で私たちを魅了してくれたことでしょう。

 クラシックに日本語の詩をつけて歌うというのは、名曲だったりすると、私も本当のことをいうと、少し違和感を感じます。レレレ?信号が、頭の中で巡るんですね(^^)
 詩や曲の意味がちょっと変わってくるので、作者の意図に忠実に!を心がけているクラシック畑の人より、ほかの畑で育った人の方が、詩をつけやすいのかも知れません。(以前、「白鳥の湖」のエンドが、オーケストラだけの演奏(悲劇的)と、バレエ(ハッピーエンドに改変されたものが多い)とで違う、という話をsergeiさんから教えていただきましたけれども。)
それで異端と言われるんでしょうけど。そもそも有名な音楽家や詩人なんて、異端児ばかりですから。岩谷さんも、美奈子さんも、大いなる異端児だと思いますね!
 美奈子さんの作詩が最期のアルバム「時」になってよくなってきているなと感じがします。特に、短い曲ですが「白鳥」は好きですね。

-> やまぼうしさん

クラシックの世界には"原典尊重主義"という厳格な考え方があって、本職の人にはなかなかアレンジや翻案を行うのが難しいという面があるようです。美奈子さんがこうした試みを自由に行うことができたのは正規のクラシックの声楽のトレーニングを受けたことがないという経歴がプラスに作用したのだと思います。本職の人から見たら"異端"でしょうけど、こうした試みがあって初めて多くの人がクラシックを身近に感じることができるようになるというのも事実ですよね。

「白鳥」は確か知人の別荘に滞在していて湖を眺めている時に着想を得て短時間に書き上げたと聞いています。平明だけど親しみやすく、曲の幻想的な雰囲気によく合った詞ですよね。

貴重なミュージカル時代の映像とその後の映像を、夢中になってネットで見ました。競技会でフィギュア選手の絶頂な舞を観たときのように、うちふるえます。
一挙放映のような形で美奈子さんの歌唱に出会ってみると、音色の豊かさに驚きますし、ミュージカルで「生きてきた」幾人の壮絶な生きざまを映すような説得力に圧倒されます。
おそらく、すでにひとつの頂点を究めていた「レミゼラブル」の映像→ターニングポイン「タイムトゥセイグッドバイ」→その後の「ジュピター」などという順で観れば、誰でも美奈子さんが希有な歌姫だというでしょう。

-> やまぼうしさん

ミュージカルで培った役柄の内面に迫る表現力と、クラシック路線でものにした豊かで美しい発声を以てすれば、今後さらに新たな歌の世界を築くことができたはずでした。それは余人には真似をすることのできない、全く独自の音楽ジャンルになっていたに違いありません。あと少し時間が許されていたら美奈子さんがさらなる高みへと翔け上がっていくことは目に見えていました。それだけに突然の逝去をなかなか受け入れることができませんでした…。

美奈子さんが最後の日々を過ごしながら目の前に見ていた歌の世界、それは私たちが心の中で思い描くしかないのでしょうね。

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。