日本代表 フィジーに惜敗

2007年9月13日

フランスなどで開催されているラグビーワールドカップの第2戦、日本はフィジーに31-35で敗れた。結果的にはやはり吉田に代わって入ったSH矢富が怪我で交代を余儀なくされたのが痛かった。「これで終わりか」とも思われる場面だったが、選手達はその後も気持ちを途切れさせることなく集中して試合に取り組んでいた。本職のSHがいない状態でノーサイドの瞬間まで勝敗がわからない展開に持ち込んだのは大したものだと思う。

個々の局面では互格以上にわたり合えていたので、勝てる試合だったかな、とも思う。これも結果論になってしまうが前半に敵陣に攻め込んだマイボールスクラムで、押されているわけでもないのに球出しで箕内が簡単にボールを失って独走トライを許したのはキャプテンにあるまじきミスだった。点差だけ見るとあれさえなければ、とも思うが、こうした競り合いのゲームで勝ちを拾うにはまだ何かが足りないということなのだろう。


試合の内容に目を向けると、攻撃の局面でキックを多用していたのが気になった。事前に組み立てたゲームプランに則ってのことだったようだが、もっとプレーの継続への意志をメンバーが共有しないと日本のよさは出ないと思う。地上波解説の清宮克幸さんの仰る通りゲームの中でもっと積極的なアタックに切り換えてもよかったのではないか。


しかしともかく現状フィジーくらいの相手となら互格に戦えるということがわかったのは収穫といえそうだ。次のウェールズ戦は例によって捨て試合にする模様なので最後のカナダ戦に勝敗を懸けて臨むことになる。最近のカナダのチーム状況についてはよく知らないが、おそらくフィジーのようにフォワード戦で優位に立てるということはないと思う。バックスの走力にものを言わせる展開にしないと勝利は見えてこないだろう。日本らしい多彩な攻撃の展開ラグビーを披露して欲しいものだ。

追記:19日18時40分

日本代表は20日に行われるウェールズ戦にベストメンバーで臨むことになった

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/288

コメント

最近のジャパンやフィジーの、実力やチーム構成が、
全然わからないので何とも言えないのですが、
自分が見ていた頃は、フィジーには最初善戦してても、
最後気づいたら大差・・・みたいな感じだったので、
昨日の試合には正直驚かされました。
 
まあ15年以上かけての進歩具合が、
これで早かったのか遅かったのかはわかりませんけど・・・。
 
あと、ちょっと話は逸れますが、
フィジー戦の会場って、サッカーの1998フランスW杯での日本の初戦、
『日本vsアルゼンチン』と同じトゥールーズのスタジアムですよね?
スタンドの後を取り囲んだ壁(?)が懐かしく思い出されました・・・。
今でも、中西永輔のDF2人抜きドリブル突破からの
呂比須のあのシュートが入っていたら・・・と思いますよ。

-> ボランチさん

そうですね、私も宿澤監督の頃に秩父宮ラグビー場にフィジー戦を見に行ったことがあるのですが、その時は一方的にやられました。^ ^ それを考えると大健闘と言えそうですね。ただどうも自分にはこれで世界に近づいたと額面通り受け取る気にはなれないんですよね。思い入れの強い分多くを望み過ぎるのかも知れませんが…。


競技場のことは気がつきませんでした。さすがにボランチさん、よく見ていますね。^ ^ あれも悔しい敗戦でしたね。中西のドリブル突破は「そんなプレーができるならもっと早くから見せてくれよ!」などと思ったものでした。^ ^

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。