JBC 亀田家を処分

2007年10月15日

JBCは今日午後倫理委員会を開き、先のWBC世界フライ級タイトルマッチで反則行為を繰り返した亀田大毅選手らにライセンス停止などの処分を下した。


事前に予想されていた通りの厳しい処分になった。すでに二度までも問題を起こし厳重注意を受けていた父親の亀田史郎氏のセコンドライセンス無期限停止は当然のことだろう。もうこれ以上ボクシングに関わるべきではない。

大毅本人についても無期限でよかった、という意見もあるだろうし、そう言われても仕方ないことをしてしまったが、若い選手の再挑戦の可能性を完全に摘み取ってしまうのはあまりいいことではないので、一年間のボクサーライセンス停止は妥当なところだと思う。

自分としても若い人の可能性は最大限信じて上げたいと思うので、性根を入れ換えて真摯にボクシングに取り組むのなら歓迎する、というスタンスをキープしておきたい。もっとも本人はすでに歌手デビューの方に気が向いてしまっているかも知れないが。


彼らがここまで増長してしまった最大の責任は技術的にも精神的にも未熟な選手をあたかも最強のヒーローであるかのように祭り上げてきたマスメディアにある。彼らの力を誇大に喧伝し世の中を欺いてきたメディア関係者には猛省を促したい。

先のタイトルマッチは、ボクシング・ヒーローとはメディアの演出によって作られるのではなく、負けることを恐れずに強い相手に挑戦し続ける不屈の精神によって生み出されるのだということがあらためてはっきりした、という点で意義深いものだったと思う。

Bookmark and Share BlogPeople 人気ブログランキング にほんブログ村

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

管理者の承認後に反映されます。

http://vita-cantabile.org/mt/tb-vc/298

コメント

自分は、興毅の処分が軽すぎると思いますよ。
仮にも一度、“世界王者” になった人間がやった事と考えれば、
こっちが 『無期限停止』 じゃなきゃおかしいですよ。
 
『亀田家のボクシング用語』 なんて通用するわけがない。
そんな用語がもしあるとすれば、
“あちら方面” で使ってる言葉なんじゃないんですかね・・・。(爆)

ボランチさんの仰る通り、ボクシングに対する冒涜した行為なので処分は軽いと思います。

一部メディアに対しても中立な立場で居なければならないのに偏っているのには看過できない。

-> ボランチさん

確かに、興毅の処分が厳重戒告に留まったのがどういう理由なのか、釈然としませんね。あの父親から離れてどれだけまともにボクシングができるのか見てやろうじゃないか、というようなことでしょうかね。

まあ試合をすることは可能だとしてもさすがにもうマスメディアも今までのようにちやほやしてはくれないでしょうから、苦しい立場になったことに変わりはないのではないかと思います。試合後誰一人として会見することもできない人たちですから、再起は容易なことではないでしょうね。

-> moonさん

興毅はJBCの処分は軽くてもこれから厳しい社会的制裁が待っているでしょう。マスメディアには彼らをひと事のように批判している場合ではないのだ、ということを十分認識してもらいたいですね。

この件に関しては、本人の非はもちろんですが、今まで彼らを持ち上げすぎ、タレント化させ増長させていたマスメディアにも責任があるということを考えて欲しいですね。そしてかばうつもりはないのですが、大毅選手はまだ10代で子供っぽい部分が抜けていないと思うので、若気のいたりで、ブレーキが利かなかったというのもあると思います。今回のことで反省して、今後に生かして欲しいと思います。

でもこれで、いわゆる 『復帰戦』 というものが楽しみになってきました。
興毅は “世界前哨戦” といっていたものを中止にしてしまったし、
どんな顔して出て来れるのか・・・。
そのときの会場の雰囲気・・・おそらく、異様というか殺気立ってるでしょうね。
なんか、逆にワクワクしますよ。(笑)
それは朝青龍にも言えますけどね・・・。
 
まあ、大毅の場合は1年後もボクサーに留まっているかわかりませんが・・・。

-> モモさん

大毅選手は周囲の環境が悪過ぎましたね。内藤選手が試合中あまりの反則の多さに「いい加減にしろよ」と文句を言ったら「ハイ」と答えたとも伝えられていますので、本人は本当は素直な性格で、ただ周りに言われるままに従っているだけなのかも知れません。その意味でも再挑戦のチャンスまでは奪われなかったのはよかったと思います。これからが彼の真価を問われることになるでしょうね。


-> ボランチさん

どんな顔をして姿を表すことになるんでしょうね。復帰戦以前にこの試合のことについて会見などするつもりはあるのかどうかを含めて。

興毅は二階級制覇を目指す立場ですが、今後はもう戦績のよくわからないような選手との対戦では世間は納得しませんし、ローブローなどの反則も厳しくチェックされることになるでしょう。この状況でボクサーを続けるにはよほどの勇気が必要でしょうね。

大毅が一年後もボクサーでいるのか、和毅は無事プロデビューできるのか、どうなることか興味深いですね。

コメントを投稿

最新のコメント

最新のエントリー

author

author’s profile
ハンドルネーム
sergei
モットー
歌のある人生を♪
好きな歌手
本田美奈子さん、幸田浩子さんほか
好きなフィギュアスケーター
カタリーナ・ヴィットさん、荒川静香さんほか

最近のつぶやき

おすすめ

あわせて読みたい

Giorni Cantabili を読んでいる人はこんなブログも読んでいます。